Webサーバーとは


WEB用語には、WEB制作のスキルを身に付けたい初心者の人には、「Webサーバーとは何?」など、理解しにくい用語もたくさん存在しています。

そこで、自身の勉強も兼ねて小難しい専門用語についてまとめてみました。。

 

 

Webサーバーとは

サーバー(Server)とは、「提供する」を意味し、Webブラウザなどからサービスを利用するクライアントの要求(リクエスト)に応じて、さまざまな情報やサービスを提供するコンピューターのこと。

Webサーバーとは、HTML・CSS・Java Script・画像・動画などを利用してWebサイトを公開し、外部から閲覧や利用できるようにすること。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

Client クライアント

クライアントとは、「客・依頼人」を意味し、Webページの情報が欲しいとサーバーに対して依頼し、その情報を受け取る側のコンピュータ、アプリケーション、Webブラウザー、プロセスのことを指す。

 

Request・Response リクエスト・レスポンス

Webサーバーには Webサイトの情報が保存されており、Webブラウザ(クライアント)が Webサーバーになんらかの情報を要求する。ことを「リクエスト」という。

このリクエストに対して、 Webサーバーが Webブラウザに、Webページのデータを送り出し、Webサイトを閲覧・利用できるようになる。これを「レスポンス」という。

 

 

Webサーバーの種類

Webサーバーソフトにはさまざまな種類があり、代表的なものをまとめてみた。

 

Apache アパッチ

Apache Software Foundationが開発し、世界中で使用されているWebサーバーソフトウェア。

オープンソースソフトウェアとして公開されており、誰でも無償で「ソースコード」を利用することができる。利用の際の制限がほぼ無いため、OSに依存しないのでWindowsやMacなどさまざまなOS上でも稼働できる。

 オープン・ソース・ソフトウェア 
Open Source Software(OSS)

ソフトウェアの設計図に当たる「ソースコード」が無償で公開され、誰に対してもソフトウェアの改良や再配布を行うことができるソフトウェアのこと。

 

IIS アイアイエス

Internet Information Services(インターネット・インフォメーション・サービス)の略で、Microsoft社が提供するWebサーバーソフト。

Windows上で稼働するソフトで、Webサーバーの機能のほかにも、SMTP、NNTP、HTTP/HTTPSなどサポートしている。

 

Nginx エンジンエックス

2002年にロシアで開発されたオープンソースのWebサーバーソフトで、よくApacheと比較されている。

HTTPのサービスに特化しているApacheとは違い、nginxはさまざまなサービスに対応できるように設計されている。

 

 



 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

カテゴリーWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA