HTMLとは【初心者向け】


WEB用語には、WEB制作のスキルを身に付けたい初心者の人には、「HTMLとは何?」など、理解しにくい用語もたくさん存在しています。

そこで、自身の勉強も兼ねて小難しい専門用語についてまとめてみました。

 

 

HTMLとは

Hyper Text Markup Language(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)の略。

インターネット上には、文字を多く使い情報を伝えているページや画像を多く使われているページ、音声や動画などが使われているページなど、さまざまなWebページが公開されている。

これらのページは見かけここそ異なるが、実はすべて「HTML」というwebページをつくるための記述言語(マークアップ言語)で書かれている。

Webページのどこに、どのような文字や画像をどう配置するかを、「タグ」と呼ばれる目印を使って記述していくもので、<開始タグ> と </終了タグ> をテキストの中に記述することで、<開始タグ>・・・</終了タグ> に挟まれたコンテンツ(・・・)に対して、大きさや色を指定したり、画像や他のWebページをリンクさせたりすることができる。

 
 ハイパーテキスト Hyper Text 
コンピューターで、複数の文書(テキスト)をリンクさせた、文書の表現方法のこと。複数のテキストを相互に関連付けて、あるテキストの一部から関連する他のテキストを検索したり、そのテキストへ移動したりできる仕組みを指す。
 
 マークアップ言語 Markup Language 
テキストの一部を「タグ」と呼ばれる目印で囲うことで、タイトルやハイパーリンクなどの文章構造や、文字の色や大きさなどの視覚表現を、テキストファイルの中に記述していく記述言語のこと。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

カテゴリーHTML

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA