ホームページとは

WEB用語には、WEB制作のスキルを身に付けたい初心者の人には、「ホームページとは何?」など、理解しにくい用語もたくさん存在しています。

そこで、自身の勉強も兼ねて小難しい専門用語についてまとめてみました。

 

 

多くの方が「ホームページ」という言葉を、当たり前のように使われていると思いますが、実は間違った認識で使っていることが多いようです。

「ホームページの定義」は、実際のところあいまいになっているようで、以下の場合にも「ホームページ」として、よく使われているようなので、これらの違いは何なのかまとめてみました。

 

    

・ブラウザを立ち上げて最初に表示されるページ(スタートページ)
・Webサイトの最初のページ(トップページ)
・個人や企業などが管理・運営しているWebページ全般(Webサイト)
・個々のページ(Webページ)

 

 

ホームページとは

Internet Explorerや、Google Chrome、Firefox、Safariなどのブラウザを立ち上げたときに、最初に表示されるページのことをいう。

おそらくほとんどのユーザーは、ブラウザを立ち上げるとGoogle や Yahoo! などのポータルサイトのトップページを、最初に表示されるように設定していることだろう。

本来は、このようにWebページの中の「トップページ」だけを指したものを「ホームページ」というらしいのだが、「ホームページ = Webサイト」と誤った認識をされている人も多く、ホームページのさまざまな定義を同じ意味合いで表現されるようになってしまっているようだ。

 

 

Webサイトとは

www(World Wide Web / ワールド・ワイド・ウェブ)上の、特定のドメインで運営されているWebページ全体のことを指す。

 

 

Webページとは

Webサイトが全体を指すのに対し、「Webページ」は個々のページのこと。

 

 



 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

カテゴリーWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA