IllustratorとPhotoshopの違いってなぁに?【初心者向け】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorってなぁに?【初心者向け】
Photoshopってなぁに?【初心者向け】

でそれぞれにまとめていますが、一緒に比較してみると、さらにそれぞれの特徴の違いが、ほんの少し解りやすくなるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

⦿ Illustrator

Illustratorは「ベクター画像」「ベクトル画像」と呼ばれる、点の座標とそれを結ぶ線などの数値データをもとに演算し、再現するデーター方式からなる「ドロー系ソフト」。

ベクターやベクトルを同一視されることが多いようだが、「ベクター(Vector) 」は英語でプログラミングなど計算機科学の領域を指し、「ベクトル(Vektor) 」ドイツ語で物理学などの自然科学の領域を指し、表記分けされているようだ。

 

⦿ Photoshop

Photoshopは「ビットマップ画像」「ラスター画像」と呼ばれ、画像を色のついたドット(ピクセル)と呼ばれる点の羅列・集合として表現する、データ方式からなる「ペイント系ソフト」。

ラスターはドットが線上に並んだもので、ビットマップはそのドットの集合であることから同一視されているのだとか。

 

スポンサーリンク

 

⦿ IllustratorとPhotoshopの違い

IllustratorとPhotoshopで、同じイラストを拡大し並べてみると、ベクター(Ai)は拡大しても輪郭はスマートできれい。一方、 ビットマップ(Ps)は拡大すると小さな点(ドット)が目立ち、輪郭がカクカクしているのがわかる。

▲画像をクリックすると画像拡大

 

こうしたことから、ベクターは、基本的にロゴなどの人工的な画像表現に向いていて、写真などのような複雑な色情報をもった画像の表現には適していない。

一方、ビットマップは画面をタイル面状に分割し、それぞれに色データをあてはめて画像を構成しているので、このタイルの細かさがそのまま画像の精細さを表しているので写真などに向いている。

 

 Illustratorのメリット 
・画像を劣化させることなく拡大縮小できるので大きさを問わず様々な母体への利用が可能
・写真や文字などを組み合わせた表現がしやすい
・規則的な線やグラデーションを表現しやすい
・データが軽い

 Photoshopのメリット 
・写真の加工やグラデーションの作成に適している
・複雑な色の表現が可能

 

 Illustratorのデメリット 
・写真のような複雑な表現が難しい

 Photoshopのデメリット  
・画像を拡大縮小すると画質の劣化が生じる

 

スポンサーリンク


 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA