メニューバー / ウィンドウ【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「ウィンドウ」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ ウィンドウ

パネルの表示・非表示を切り替えるコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 アレンジ 
画像ウィンドウを並び替えたり、画像内の表示位置を一括で変更する。

 ワークスペース 
作業に必要なパネルの種類と配置を「ワークスペース」として保存し、作業に合わせて切り替える。

 拡張機能をオンラインで参照 

 

 エクステンション 
外部サービスを利用するための拡張機能が納められたパネルを利用する。

 3D 

 

 Device Preview 

 

 アクション 
あらかじめ作品の作成過程を記憶しておいた一連の動作をオブジェクトに適用する。

 カラー 
オブジェクトの塗りと線にカラーを適用したり、カラーの編集をする。

 コピーソース 
最大5個のサンプルソースを設定し、画像のレタッチを効率的にする。

 スウォッチ 
ドキュメントのすべてのカラーやグラデーション、パターンを設定したり、カラーなどを新しく作成したりする。

 スタイル 
プリセットスタイルの適用やスタイルの作成をする。

 タイムライン 
アニメーションフレームを作成する。

 チャンネル 
カラーチャンネルやアルファーチャンネルの設定をする。

 ツールプリセット 
よく使うツールのプリセット作成や読み込みを行う。

 ナビゲーター 
ウィンドウ内でのアートワークの表示範囲や表示倍率を変更する。

 パス 
パスやベクトルマスクといったベクトルデータの作成、編集ができる。

 ヒストグラム 
画像内にあるすべてのピクセルを階調(明るさの段階)別にどのくらいあるのかを表したグラフ「ヒストグラム」を表示する。

 ヒストリー 
作業履歴を記録し一覧表示され、必要に応じて任意の作業段階まで戻ることができる。

 ブラシ 
ブラシを設定したり、カラーなどを新しく作成したりする。

 ブラシプリセット 
読み込んだブラシファイルが表示され、ブラシの編集もできる。

 ライブラリ 
photoshopやIllustratorで作成したデザインパーツを、Adobe creative cloudに同期し、ほかのAdobe端末でも同じパーツを使用できる。

 レイヤー 
ドキュメント内のオブジェクトを一覧表示し管理や操作をする。

 レイヤーカンプ 
カンプ(デザイン案)を作成する。

 計測ログ 
選択範囲の計測値を「計測ログ」に記録する。

 字形 
異体字や特殊な欧文文字などが一覧できる「字形パネル」が表示され、入力したい文字に変更する。

 修飾キー 

 

 情報 
マウスポインタの位置を選択したオブジェクトの情報を表示する。

 色調補正 
画像の明るさやコントラストなどを調整する。

 属性 
オブジェクトの属性に関する様々な設定をする。

 段落 

 

 

 段落スタイル 

 

 注釈 

 

 文字 
ドキュメント内の個々の文字に書式を設定する。

 文字スタイル 

 

 アプリケーションフレーム 
Macのみの項目で、アプリケーションフレームを表示し、アプリケーション全体を1つのユニットとして扱うことで、デスクトップを見えないようにする。

  ワークスペース 

 

 ツール 
自分のよく使うツールを集めたカスタムツールパネルを作成したり管理したりする。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA