メニューバー / 3D【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「3D」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ 3D

2D画像から文字から3D画像を作成たり、3D画像と2D画像を合成させたりする 3D操作に関するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 新規3Dレイヤーをファイルから作成 
3D形式のファイルを読み込み、新規3Dレイヤーを作成し配置する。

 3Dレイヤーを結合 
3Dレイヤーを結合すると、複数の3Dモデルをひとつのシーンに結合することができる。

 3Dレイヤーを書き出し 
「 Collada (DAE)」、「Flash 3D」などの3D形式から選択し。3Dレイヤーをファイルに書き出し保存する。

 Sketchfabで3Dレイヤーを共有 
インタラクティブな3Dモデルを公開して表示するためのWebサービスSketchfabを使用し、3Dレイヤーを共有する。

 コンテンツを入手 
Adobeサイトにアクセスし、3D関連プラグインの一覧を表示する。

 選択したレイヤーから新規3D押し出しを作成 
選択したレイヤーの画像やテキストを3D押し出しする画像として作成する。

 選択したパスから新規3D押し出しを作成 
選択したパスを3D押し出しする画像として作成する。

 現在の選択範囲から新規3D押し出しを作成 
選択範囲を3D押し出しする画像として作成する。

 レイヤーから新規メッシュを作成 
選択したレイヤーから、ポストカード、深度マップ、各種プリセットに合わせたメッシュを作成する。

 オブジェクトをグループ化 

 

 シーン内のすべてのオブジェクトをグループ化 

 

 グランドプレーンにオブジェクトを移動 

 

 グランドプレーンにオブジェクトを圧縮 
同じオブジェクトの複数のインスタンスを、同じビルドプレートにプリントする際に、オブジェクトを圧縮する。

 レイヤーから新規タイルペインティングを作成 
画像レイヤーやテキストレイヤーを元に、新規に「タイルペインティング」を作成する。

 UVを生成 
選択された3Dレイヤーでオブジェクトとマテリアル用のUVマップを再生成する。

 ペイントのフォールオフ 
傾いた表面にペイントする量を調節する。

 ペイントシステム 

 

 ターゲットテクスチャーをペイント 
ターゲットテクスチャーを拡散やバンプマップ、スペキュラーカラー、不透明度などに変換し、テクスチャーに3Dペイントする。

 ペイント可能領域を選択 
3Dモデルにペイントできる領域を選択範囲で表示する。

 ペイントオーバーレイを作成 
テクスチャーを編集するガイドとしてUV展開図を新規レイヤーに作成する。

 押し出しを分割 
新規のグループをつくり、3D押し出し画像を個々のパーツに分割する。

 切断面をシーンに適用 

 

  3Dプリント用にシーンを統合 
3Dシーンのすべての要素を統合し、このシーンを「ウォータータイト」にする。

 メッシュをラスタライズ 

 

 次の項目からコンストレイントを追加 
選択した範囲、または選択したパスから「コンストレイント」を作成する。

 ポリゴンを表示・非表示 
「ポリゴン」の選択範囲内の表示や非表示を切り替えたり、表示領域の反転やすべての領域の表示を選択する。

 3Dレイヤーから作業用パスを作成 
3Dレイヤーから境界や作業用パスを作成する。

 3Dレイヤーをレタリング 

 

 ドキュメントをファイルにレタリング 

 

 現在のブラシをスケッチ 
選択しているブラシで、3Dモデルの面のテクスチャーを塗る。

 3Dプリントを設定 

 

 3Dプリント 

 

 3Dプリントをキャンセル 
進行中の3Dプリントをキャンセルする。

 3Dプリントユーティリティ 

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA