メニューバー / フィルター【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「フィルター」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ フィルター

全体や選択した範囲の画像を加工する各種フィルターを選択するフィルター操作に関するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 フィルターの再実行 
前回使用したフィルターを再実行する。

 スマートフィルター用に変換 
選択したレイヤーにフィルターをかけた後で、再編集が可能な「スマートオブジェクト」に変換する。

 フィルターギャラリー 
フィルター効果をプレビュー画像で確認でき、フィルターを一覧リストから選択できる。

 広角補正 
レンズの種類や指定した焦点距離に合わせて画像のゆがみを補正する。

 Camera Raw フィルター 
Raw画像を読み込むときに表示される「Camera Raw画面をフィルター化し、明暗や色温度、鮮やかさ、シャープネスにノイズ除去や湾曲補正など、あらゆる処理が行える。

 レンズ補正 
カメラメーカーやレンズの機種に合わせて、ゆがみ補正や歪曲収差、色収差などのレンズ補正を行うことができる。

 ゆがみ 
画像に自由なゆがみを適用する。

 Vanishing Point 
画像を遠近法に基づく面が含まれる画像の編集をする。

 3D 
テキストやパス・レイヤーマスク・選択範囲から立体を成形する。

 シャープ 
コントラストを強調して画像をシャープにするフィルターを適用する。

 ノイズ 
ノイズを加えたり、軽減するフィルターを適用する。

 ピクセレート 
カラー値の近いピクセルをセルに凝集するフィルターを適用する。

 ビデオ 
動画を滑らかにしたり色域を制限するフィルターを適用する。

 ぼかし 
選択範囲や画像全体にぼかしのフィルターを適用する。

 ぼかしギャラリー 
ぼかしがおこなわれる場所を示すピンが画像全体に表示され、直感的な画像上のコントロールにより、独特な写真のぼかし効果を簡単に作成できる。

 表現手法 
印象派の絵画のような効果を与えるフィルターを適用する。

 描画 
炎や雲模様、逆光などのフィルターを適用する。

 変形 
画像を幾何学的にゆがめるフィルターを適用する。

 その他 
カスタムや明るさの最小値と明るさの最大値といったフィルターが収録されている。

 オンラインフィルターを参照 
Adobeサイトにアクセスし、サードパーティ(アドビ社以外のソフトウェア開発会社)製のプラグインの一覧を表示する。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA