メニューバー / 書式【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「書式」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ 書式

フォントの指定やテキストオブジェクトのアウトライン化などの「書式」に関するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 Typekitからフォントを追加 
Webブラウザーで「Adobe Typekit」が起動し、フォント一覧の中から選んだフォントを追加すると、photoshopで使えるようになる。

 パネル 
文字、段落、文字スタイル、段落スタイルを表示する。

 アンチエイリアス 
選択中のテキストに対して、エッジやカーブを滑らかに処理する「アンチエイリアス」を指定する。

 方向 
選択中のテキストに対して、「縦書き」か「横書き」かを指定する。

 Open Type 
「Open Type」の文字フォントで使用できる「特殊文字」などを指定する。

 3Dに押し出し 
3D画像ファイルを開いている時に、テキストを3Dの立体文字などに変換し、3Dレイヤーを作成する。

 作業用パスを作成 
選択しているレイヤーのテキストを作業用パスに変換する。

 シェイプに変換 
選択しているレイヤーのテキストをシェイプに変換する。

 テキストレイヤーをラスタライズ 
選択しているレイヤーのテキスト文字列をラスタライズし、通常の画像に変換する。

 テキストのシェイプタイプを変換 

 

 ワープテキスト 
様々なシェイプに合わせてテキストを変形する。

 マッチフォント 
画像などに記載されているフォントを分析し特定する。

 フォントプレビューのサイズ 
オプションバーや文字パネルからフォントをプレビューする際に、文字サイズを指定する。

 言語オプション 

 

 すべてのテキストレイヤーを更新 
すべてのテキストレイヤーを更新する。

 見つからないフォントの置き換え 
人とデータのやり取りをしていると、自分のパソコン環境にないフォントが使用された文書を開いた場合に、自分のパソコン環境にある別のフォントに置き換える。

 見つからないフォントを解決する  
人とデータのやり取りをしていると、自分のパソコン環境にないフォントが使用された文書を開いた場合に、自分のパソコン環境にある別のフォントに置き換えて表示してよいかを確認するメッセージが表示され、フォントの代替えをする。

 Lorem Opsumをペースト 
デザインやレイアウト用のダミーテキストをペーストする。

 

 初期設定のテキストスタイルを読み込み 

 

 初期設定のテキストスタイルを保存 

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA