メニューバー / レイヤー【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「レイヤー」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ レイヤー

画像をセル画のように重ねていくレイヤー操作に関するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 新規 
レイヤーを新しく作成したり、レイヤーのグループを作成したりする。

 CSSをコピー 
シェイプやテキストレイヤーから「CSS(Cascading Style Sheets)プロパティ」が生成される。CSS はクリップボードにコピーされるので、スタイルシートに貼り付けられる。

 SVGをコピー 
「xml(eXtensible Markup Language)」を基盤とした、2次元ベクターイメージ用の画像形式「SVG(Scalable Vector Graphics)」をコピーする。

 レイヤーを複製 
選択したレイヤーを複製する。

 削除 
選択したレイヤーを削除する。

 PNGとしてクイック書き出し 
あらかじめ指定しておいたファイル形式の「PNG」で保存する。PNGのほかにも、保存設定をPNG-8、JPG、GIF、SVGに変更することもできる。

 書き出し形式 
保存形式や画質などを設定してから画像を保存する。

 レイヤー名の変更 
レイヤーやレイヤーグループに、内容を反映した名前などわかりやすい「レイヤー名」を付ける。

 レイヤースタイル 
レイヤー上のオブジェクトに、ドロップシャドウなどの視覚効果を適用する。複数の効果を組み合わせることで、立体的なデザインを表現できる。

 スマートフィルター 
「スマートオブジェクト」に適用されたフィルターで、元画像を変更せずにフィルターの適用や調整する。

 新規塗りつぶしレイヤー 
「べた塗り・グラデーション・パターン」といった単純な色やパターンで塗りつぶした「レイヤー」を作成する。

 新規調整レイヤー 
明るさやコントラスト、レベル補正などの調整レイヤーを作成する。

 レイヤーオプション 
選択した塗りつぶしレイヤーや調整レイヤーのオプションや設定を変更する。

 レイヤーマスク 
グレースケールのビットマップ画像をマスクとし、主に選択範囲を元に「レイヤーマスク」を作成する。レイヤー上の元画像をそのまま残し不要な部分を消す。

 ベクトルマスク 
ベクトル画像のマスクで塗りを適用した部分だけに画像だけを表示する。

 クリッピングマスク作成 
画像や描画したイラストなどの一部だけを見せるために、下に配置したレイヤーのオブジェクトの形に添って切り抜く。

 スマートオブジェクト 
元の画像情報を保持したままレイヤーの編集をする。

 ビデオレイヤー 
「ビデオレイヤー」を作成したり、フレームやフッテージの編集をする。

 ラスタライズ 
スマートオブジェクトを「ラスタライズ」して、通常のレイヤーに変換する。

 レイヤーに基づく新規スライス 
レイヤーから「スライス」を作成する。レイヤー上の画像に合わせたサイズでスライスが作成される。

 レイヤーをグループ 
複数のレイヤーをグループ化する。

 レイヤーのグループ解除 
グループ化しているレイヤーを解除して、個別のレイヤーにする。

 レイヤーを非表示 
選択したレイヤーを「非表示」にする。

 重ね順 
Photoshopでは、レイヤーの作成した順に上へ重ねられいくので、その順序を変更する。

 シェイプを結合 
複数のシェイプをひとつのレイヤーにまとめる。

 整列 
選択した複数のレイヤーの画像を、上下、左右、中央のいづれかに整列させる。

 分布 
選択した複数のレイヤーの画像を、上下、左右、中央のいづれかに分布させる。

 レイヤーをロック 
選択した複数のレイヤーの画像内容を保護するためにロックを設定する。

 レイヤーをリンク  
選択した複数のレイヤーをリンク設定する。

 リンクしたレイヤーを選択 
選択されているレイヤーとリンクしているレイヤーを一括選択する。

 レイヤーを結合 
選択したレイヤーとすぐ下にあるレイヤーを結合する。または、複数選択したレイヤーをひとつに結合する。グループを選択している場合は、グループ内のレイヤーを結合する。

 表示レイヤーを選択 
非表示レイヤーを除いた、現在表示されているレイヤーを結合する。

 画像を統合 
すべてのレイヤーを結合する。

 マッティング 
選択範囲の境界に発生したフリンジやハロー現象を削除する。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA