メニューバー / イメージ【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「イメージ」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

 

⦿ イメージ

コピー&ペーストや変形など画像の編集に関わるコマンドや、自分の使いやすいようにPhotoshopの環境を設定するコマンドがある。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 モード 
カラーモードや画像モードにより、カラーモデルのチャンネル数に基づいてカラーを組み合わせる方法が設定する。

 色調補正 
画像の明るさやコントラストなどを調整する。

 自動トーン補正 
自動で画像のトーンの補正をする。

 自動コントラスト 
自動で画像のコントラストの補正をする。

 自動カラー補正 
自動で画像のカラーの補正をする。

 画像解像度 
画像全体の縦横サイズや解像度を変更する。

 カンバスサイズ 
画像のカンバスの縦横サイズを変更する。

 画像の回転 
画像を回転、反転する。

 切り抜き 
選択した範囲を切り抜く。

 トリミング 
画像を一定の範囲を指定して切り抜く。

 すべての領域を表示 
画像全体が表示されていないときに、全体が表示できる領域までカンバスサイズを拡大する。

 複製 
選択した画像を複製する。

 画像操作 
アクティブな画像のレイヤーとチャンネルに、別の画像のレイヤーとチャンネルを合成する。

 演算 
複数の画像の2つのチャンネルを合成し、新規の画像やアクティブな画像のチャンネルや選択範囲に適用する。

 変数 
画像や文字、シェイプなどの各レイヤーを、一度にまとめて編集、変更をする。

 データセットを適用 
変数と関連するデータを集めたデータセットを適用する。

 トラッピング 
画像をプリントする際に、版がずれて隙間ができるのを防ぐために、先に印刷されたインキの上に後から印刷されたインキを重ねるトラッピングをする。また、CMYKモード画像のトラッピング量を指定する。

 解析 

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA