環境設定 / 3D【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

Photoshopを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにPhotoshopをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「3D」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

⦿ 環境設定

Photoshopの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Photoshopのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

⦿ 3D

オブジェクトの移動や拡大・縮小などの一般的な操作に関する設定を行う項目。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 3Dで使用可能なVRAM容量 
 ① 使用可能なVRAM総容量 
Photoshop 3D forge(3D エンジン)による使用が許可されているVRAM(ビデオメモリ)の総容量。

この設定はOS、またはPhotoshopのVRAM割り当てには影響しない。許容量が多いほど、特に高解像度のメッシュやテクスチャーで3Dインタラクションが高速になる。ただし、ほかのGPU対応アプリケーションとの間でリソースの競合が発生する可能性がある。

 ② Photoshopで使用する容量 
Photoshopでは、画像データ処理のためにメモリを消費しているが、起動しているほかのアプリケーションや起動項目によって、Photoshopが潜在的に使用できるメモリの容量が減少することがある。

使用していないアプリケーションを終了したり、必要のないスタートアップ項目を無効にすることによって、より多くのメモリをPhotoshopに多く割り当てることでき、パフォーマンスを向上させることができる。

テキストボックスの値を変更することによって、Photoshopに割り当てるRAMの容量を増減でき、Photoshopを再起動して変更内容を反映される。

RAM不足、またはメモリ不足でエラーになる場合は、使用するRAMの割り当てを追加し、他のアプリケーションが実行されていなければ、RAMの割り当てを100% にしてPhotoshopのパフォーマンスを向上することもできる。

 

 ③ 3Dオーバーレイ 
操作中に使用可能な3Dシーンのコンポーネントなどを ハイライトするガイドの色を指定することができる。各項目のカラーをクリックするとカラーピッカーが表示され好きな色に変更することができる。

 コンストレイント 
まっすぐにしたいラインをなぞるようにドラッグすると、湾曲したラインを直線に矯正する。中央に出てくる丸い円を回転させると角度を調整でき、ゆがんで八の字にひろがったり、逆に狭まったりしている所を平行に近づけることも可能。

 選択したコンストレイント 

 グランドプレーン 

 レンダリングのタイル 

 

 リッチカーソル 
カーソルとオブジェクトの関係に関するリアルタイムの情報が表示される。

 ④ マウスポインターを合わせる表示 
チェック(✓)を入れると、3Dオブジェクトにカーソルを合わせると関連情報が表示される。

 ⑤ マウス操作で表示  
チェック(✓)を入れると、3Dオブジェクトに対してマウス操作を行うと、関連情報が表示される。また、3Dオブジェクトで操作を行うと、リッチカーソルがリアルタイムで更新される。

 インタラティブレンダリング 
3Dオブジェクトの操作時のレンダリングオプションに関する環境設定を指定する。

 ⑥ 画面に直接表示 
チェック(✓)を入れると、GPUグラフィックカードを使用して、ピクセルを直接画面に描画するので、3Dインタラクションをすばやく行うことができる。

グラフィックカードの性能が不足している場合、または描画モード(環境設定・パフォーマンス・グラフィックプロセッサーの設定・詳細)を設定している場合は、操作時に広い範囲でカラーシフトが発生する必要がある。

 ⑦ レイヤーを自動的に隠す 
チェック(✓)を入れると、現在実行中の3Dレイヤーを除いたすべてのレイヤーを自動的に隠すことにより、操作速度が速くなる。

 ⑧ シャドウ画質 

 

 レイトレーシング 
レンダリングをした時に、画像の「しきい値」を設定できる。

 ⑨ 高品質しきい値 
値が大きいと、画質が高品質に上がるが、その代わり仕上がり時間も長くなる。値が小さいと、レイトレーシングが早期に自動停止し、特定の領域(ソフトシャドウ・被写界深度のぼかし)の画質が低下する。また、レイトレーシングは 「escキー」で停止することができる。

 ⑩ レンダリングタイルサイズ 
レンダリングタイルサイズは、このレンダリングという処理が行われる単位。

 

 3Dファイル読み込み 
3Dファイルが 読み込まれる時の動作を指定することができる。

 ⑪ アクティブなライトの制限 
アクティブなライトの初期の制限を設定できる。3Dファイルのライト数が制限が超えている場合、一部のライトは最初は「off」になるので、3Dパネルのシーンビューでライとオブジェクトの横の「目のアイコン」を使用してライトを「on」にすることができる。

 ⑫ 初期設定の拡散テクスチャの制限 
拡散テクスチャがない場合に、マテリアルに自動生成される拡散テクスチャの最大数を指定する。3Dファイルのマテリアル数が、指定した数値を上回る場合にはテクスチャは自動生成されない。

 

 軸コントロール 
軸のインタラクションと表示モデルを指定できる。

 ⑬ カメラ軸を反転 
チェック(✓)を入れると、カメラとビューの軸座標系を反転される。

 ⑭ 軸コントロールを分離 
チェック(✓)を入れると、結合された軸を個別の軸ツール(移動軸・回転軸・スケール軸)に分離される。チェック(✓)を外すと、結合された軸に戻る。

 

 ⑮ 説明 
各項目の上にマウスを合わせると出てくる「説明文」。 設定を変えることで作業にどう影響するのかを解説してくれている。もし設定方法がわからないときや困ったときには、こちらの説明に目を向けてみると解決するヒントなるだろう。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA