環境設定 / 単位・定規【Photoshop】


Adobe Photoshop の各機能についてまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Photoshop」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Photoshop バージョン 
Photoshop CC 2017

 

Photoshopを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにPhotoshopをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「単位・定規」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。

 

 

環境設定

Photoshopの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Photoshopのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

 

単位・定規

作業環境の単位や定規を表示したときの単位、コラムの大きさ新規ファイル解像度のプリセットに関する設定を行う項目。

 

▲クリックすると画像拡大

 

単位

 定規
定規に使用する単位を指定する。

 文字
文字入力するときに使用する単位を指定する。

 

コラムの大きさ

 幅
切り抜き、またはカンバスサイズで使用される列サイズを指定する。

 余白
切り抜き、または画像サイズで使用される余白の幅を指定する。

 

新規ファイル解像度のプリセット

ファイルメニューから新規を選択したときに、新規画像ファイルを画像用か印刷用かなどのプリセットから選択することができる。その際に、各解像度の初期値を指定しておくことができる。

 プリント解像度
新規画像ファイルのプリント(印刷)用のプリセット解像度の初期値を任意の数値に指定する。

 スクリーン解像度
新規画像ファイルのスクリーン(画像)用のプリセット解像度の初期値を任意の数値に指定する。

point / picaの大きさ

 ポストスクリプトに合わせる
チェック(✓)を入れると、ポストスクリプトに合わせたサイズになる。

 伝統的な定義に合わせる
チェック(✓)を入れると、従来からのサイズに合わせたサイズになる。
 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA