環境設定 / ファイル管理【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

Photoshopを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにPhotoshopをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「ファイル管理」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

⦿ 環境設定

Photoshopの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Photoshopのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

⦿ ファイル管理

ファイル保存時のプレビュー画面の保存の有無や拡張子の大文字・小文字の設定、Camere Raw、EXIFプロファイルの関する設定を行う項目。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 ファイルの保存オプション 
 ① プレビュー画像 

ファイル保存時に、画像のサムネイルとプレビューの保存を選択できる。

 ② ファイル拡張子 
ファイル形式の拡張子を小文字か大文字で保存するかを選択できる。

 ③ 元のフォルダーへ別名で保存 
チェック(✓)を入れると、別名で保存のデフォルトフォルダーを指定する。

 ④ バックグラウンドで保存 
チェック(✓)を入れると、バックグラウンドで保存される間、作業の続行を許可する。元のファイルは影響されない。

 ⑤ 復元情報を次の間隔で自動保存 
チェック(✓)を入れると、ドキュメントのバックアップコピーを復元用に、指定した時間の間隔で自動保存する。

 

 ファイルの互換性 
⑥ Camera Raw環境設定 

Camera Rawの環境設定ダイアログを開く。

 ⑦ サポートされているRawファイルではAdobe Camera Rawを優先 
チェック(✓)を入れると、サポートされているすべての「Rawファイル」を開くときに、ほかのソフトウェアを使用せずに、常に「Adobe Camera Raw」が起動する。

 ⑧ Adobe Camera Rawを使用してドキュメントを32bitから16/8bitに変換 
チェック(✓)を入れると、32bitのドキュメントを16bit。または、8bitに変換する場合、「Adobe Camera Raw」を使用してHDRトーンを実行する。

 ⑨ EXIFプロファイルタグを無視 
チェック(✓)を入れると、ファイルを開く時に、EXIFメタデータで指定されたカラースペース仕様を無視する。デジタルカメラの撮影情報を画像ファイルに追加する「EXIFプロファイルタグ」を考慮して開く。

 ⑩ 回転メタデータを無視 
チェック(✓)を入れると、ファイルを開く時に、画像のメタデータ無視する。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA