配置時にスマートオブジェクトを常に作成【Photoshop】


Adobe Photoshop の各機能についてまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Photoshop」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

 

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Photoshop バージョン 
Photoshop CC 2017

 

ここでは、Photoshopの「環境設定・一般」の中の項目「配置時にスマートオブジェクトを常に作成」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。

 

 

環境設定・一般

Photoshopの各機能の環境設定を行う項目。その中の「一般」では、カラーピッカーや画像補間形式などレタッチの画質に左右する項目を含んだ、一般的な操作に関する設定を行う項目。

▲クリックすると画像拡大

 

配置時にスマートオブジェクトを常に作成

画像を配置するときに、自動的にスマートオブジェクトで作成するかどうかの設定を行う機能。

チェック(✓)を入れると、画像を配置するときに、自動的にスマートオブジェクトで作成される。

チェック(✓)を外すと、通常のレイヤーとして作成される。

 

 スマートオブジェクトとは 
拡大・縮小、回転などをくり返し行っても劣化せず、画質を保持したまま編集することができる機能のこと。

Photoshopは、「ラスター形式」と呼ばれる、四角いドット(ピクセル)の集合で構成された画像を加工・編集するもの。

通常のラスター画像を縮小すると、ドットの保持する色情報が書き換えられ、画像を構成するドットの数は減り、もともとのドットの色情報は破棄される。

その画像を再度拡大しても、元の色情報は破棄されたまま拡大されるので、画像は劣化した状態でボケて見える。

それに対して、スマートオブジェクトは、ラスター形式の画像データの「元」を保持したオブジェクト形式なので、編集によるドットの色情報を失うことがない。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA