環境設定 / 一般【Photoshop】


Adobe Photoshop の各機能についてまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Photoshop」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Photoshop バージョン 
Photoshop CC 2017

 

Photoshopを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにPhotoshopをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「一般」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。

 

 

環境設定

Photoshopの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Photoshopのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

 

一般

カラーピッカーや画像補間形式などレタッチの画質に左右する項目を含んだ、一般的な操作に関する設定を行う項目。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 カラーピッカー
Adobe標準のカラーピッカーや、WindowsやMacのOSに組み込まれている標準カラーピッカー、またはプラグインで追加したカラーピッカーなどを選択し、使用することができる機能。

 

 HUD カラーピッカー
ブラシやペンツール、塗りつぶしなどの色を選択するには、通常は描画色または背景色のカラーボックスをクリックして「カラーピッカー」を表示するが、ショートカットキーを使いマウスポインタのある位置に「HUDカラーピッカー」を即座に表示することができる機能。

 

 画像補間方式
画像を拡大・縮小・回転した場合におかしくならないように、周囲のピクセルの平均値で新しいピクセルを作り出し劣化を抑える機能。

 

 

オプション

 ファイルの自動更新
Photoshopとその他のアプリケーションで同一ファイルを同時に編集するとき、ほかのアプリケーションでの更新を自動的に反映するかどうかを設定する機能。

 

 ドキュメントが開いていない時に「スタート」ワークスペースを表示する
Photoshopを起動したときやドキュメントが開かれていないときに、「スタート」ワークスペースを表示するかどうかを設定する機能。

 

 ファイルを開くときに「最近使用したファイル」ワークスペースを表示する
なんらかのファイルをPhotoshopで開くときに、Photoshopで作業を行った「最近使用したファイル」が表示されるかどうかの設定を行う機能。

 

 従来の「新規ドキュメント」インターフェイスを使用
「Photoshopのバージョン CC 2015.3」 以前でデフォルトに指定されていた、「新規ドキュメント」インターフェイスに切り替えるかどうかの設定を行う機能。

 

 メッセージを表示する
関連するユーザーアクションによってトリガーされたときに、機能メッセージを表示すかどうかの設定を行う機能。

 

 終了をビープ音で知らせる
メニュー実行を終了する度に、「ビープ音」という警告音を鳴らすかどうかの設定を行う機能。

 

 クリップボードへ転送
Photoshopでコピーした内容を、一度クリップボードへ転送・保存し、ほかのアプリケーションソフトに貼り付けるかどうかの設定を行う機能。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA