メニューバー / 編集【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「編集」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ 編集

オブジェクトのコピー&ペーストやアプリケーション全体の環境設定のコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 取り消し 
直前に行った作業を取り消し、クリックするごとに今までの作業順にさかのぼり取り消すことができる。また、「編集」に表示される「取り消し」は、直前に行っていた作業の内容によって「○○○の取り消し」となり、「○○○」の部分の表記が作業名に変化する。

 一段階進む 
一度取り消した操作を再び実行する。

 一段階戻る 
誤った操作をしたときに、ひとつ前の操作に戻る。

 フェード 
フィルターや色調補正を適用した直前の画像を透明にし、元の画像と重ねて表示しなじませる。

 カット  
選択範囲内の画像データを切り取り、クリップボードに格納する。

 コピー 
選択範囲内の画像データをコピーし、クリップボードに格納する。

 結合部をコピー 
すべてのレイヤーを対象にして、選択範囲内の画像データを結合しコピーする。

 ペースト 
「コピー」や「カット」してクリップボードに格納してある画像データを、アートボードに貼り付ける。

 特殊ペースト 
画像の一部をコピー&ペーストする際に、通常は画像の真ん中に来るペースト位置を、同じ位置に貼り付けなど選択範囲に基づいて指定することができる。

 消去 
選択範囲内の画像データを削除する。「カット」と違いクリップボードに格納されないのでオブジェクトのコピーは残らない。

 検索 
Photoshop内を検索する。

 スペルチェック 
アートワーク内のすべての欧文のスペルをチェックしスペルミスの単語を検出する。スペルミスがあった場合、修正候補のスペルの中から適当なものを選択し置き換えることができる。

 検索と置換  
アートボード内に入力されたいる文字列に対し、特定の文字列を検索する。または、「検索」された文字列を、別の文字列に置き換えられる。

テキストオブジェクトを選択した状態で実行すると、そのテキストオブジェクトのみに対し、特定の文字列を検索する。または、「検索」された文字列を、別の文字列に置き換えられる。

 塗りつぶし 
選択範囲内を指定した色で塗りつぶす。

 境界線を描く 
選択範囲内の境界線に描画色で線を引く。

 コンテンツに応じて拡大・縮小 
人物など重要な被写体は変更せず、その他の背景などをサイズ変更する。

 パペットワープ 
任意の位置に配置したピンを基点にして人形のように被写体の画像を変化させる。

 遠近法ワープ 
写真の撮影位置の遠近を調整したいという場合に、遠近法ワープを使用すると垂直・水平を保ちながら画像の遠近を変えることができる。

 自由変形 
全体の仕上がりを見ながら、バウンディングボックスが操作できる範囲内で画像の大きさや角度などを自由に変形する。

 変形 
拡大・縮小や回転、ゆがみ、引き伸ばしなど、選択した画像を変形させる。

 レイヤーを自動整列 
複数のレイヤーを選択し、レイヤー内の類似コンテンツに基づいて、レイヤーを自動整列する。

 レイヤーを自動合成 
画像の露光量に差があっても、結合したレイヤー画像に不自然な継ぎ目が発生しないように、画像の外観が滑らかになるように接合させる。

 ブラシを定義 
選択範囲をブラシとして保存する。定義したブラシの先端で描画ができる。

 カスタムシェイプを定義 
作成したシェイプをカスタムシェイプとして保存(定義)する。

 メモリをクリア 
Photoshopのパフォーマンスが著しく低下している場合に、メモリを消去し軽くする。

 Adobe PDF プリセット 
PDF形式で保存する際に表示される「Adobe PDF オプション」ダイアログボックスの作成処理を制御する各種設定をプリセットとして保存や編集する。

 プリセット  
ブラシ、スウォッチ、グラデーション、パターンなどの作成処理を制御する各種設定をプリセットとして保存や編集する。

 リモート接続 
自分が使用権を持つネットワークやコンピュータに、通信回線やインターネットなどを介して外部からリモート接続したデバイスやアプリケーションから、使用中のパソコンのPhotoshopに接続する。

 カラー設定 
モニターやプリンターなど様々な出力機器を使用するときに、すべての機器で同じ色を再現できるようにICCプロファイルを利用したカラーマネージメントの設定を行う。

 プロファイルの指定 
ほかの環境で画像をあつかう際の色の変化を抑えることを目的としたカラープロファイルの割り当てと削除をする。

 プロファイル変換 
カラープロファイルを別のプロファイルに変換する。

 キーボードショートカット 
ショートカットキーの割り当てを自分のわかりやすいように変更する。

 メニュー 
メニューバーとパネルメニューに表示されるコマンドの指定や表示色を設定する。

 ツールバー 
ツールバーをカスタマイズしたり、ツールをグループにまとめるなどの設定をする。

 環境設定 
Photoshopの各機能の環境設定を行うことができる。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズできる。
Macは、メニューバー > Photoshop CC > 環境設定。

環境設定を開く
一般
インターフェイス
ワークスペース
ツール
ヒストリーログ
ファイル管理
書き出し
パフォーマンス
仮想記憶ディスク
カーソル
透明部分・色域
単位・定規
ガイド・グリッド・スライス
プラグイン
テキスト
3D
テクノロジープレビュー

 音声入力を開始 
Macのみ項目で、マイクに向かった話した言葉を認識しテキストに変換する。

 

スポンサーリンク


 

 
最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA