メニューバー / ファイル【Photoshop】


さぁ、はじめよう!!

Photoshopを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにPhotoshopがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Photoshop バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー
ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「ファイル」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ ファイル

ファイルの新規作成や保存など、ファイル操作に関するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 新規 
新しい画像ファイルを作成する。

 開く 
コンピューターなどに保存してあるファイルを開いて、内容に変更を加える。

 Bridgeで参照 
「Adobe Bridge」が起動し、写真や制作ファイルを一元的に管理し、閲覧や検索、管理ができ、Adobe CC間のすべてのアプリケーション間で画像の連帯操作が可能になる。

 指定形式で開く 
ファイルが実際の形式とは異なる拡張子で保存されていて開けない場合や、ファイルに拡張子がなくPhotoshopで開けない場合に、適切な形式を指定してファイルを開く。

 スマートオブジェクトとして開く 
ベクトルデータの元画像の画質を保持したまま「スマートオブジェクト」として開く。IllustratorでつくったベクトルデータをPhotoshopで拡大縮小などの変形を加えても、画質を劣化させることなく編集できる。

 最近使用したファイルを開く 
Photoshopで最近使用したことのあるファイルを一覧の中から選択し、ドキュメントを開く。

 閉じる 
作業中のウィンドウをファイルを閉じる。複数のウィンドウが開いている場合は、最前面のウィンドウだけが閉じる。

 すべてを閉じる 
Photoshop上で開いているすべてのファイルを閉じる。

 閉じてBridgeを起動 
開いているファイルを閉じて、「Adobe Bridge」を起動する。

 保存 
作業中のドキュメントをハードディスクなどに保存する。

 別名で保存 
作業中のドキュメントを既存しているファイルの名前と違う名前で保存する。同じ名前で保存すると、以前のデータに上書きされて保存される。

 チェックイン 

 復帰 
ファイルの編集がうまくいかず、前回保存したデータに戻り編集をやり直すことができる。

 書き出し 
Photoshopのアートワークの内容を、ほかのアプリケーションで使用できる形式に変換、保存する。

 生成 
JPEGやPNGなどの画像形式の拡張子をレイヤー名、またはレイヤーグループ名に追加すると、アセットが自動的に生成される。

 Behanceへ公開 
ポートフォリオサイト「Behance」で、Photoshopで作成したものを直接投稿できる。Adobe creative cloudでファイルで共有するIllustratorなどの作品を、投稿することもできる。

 Adobe Stockを検索 
Adobeがロイヤリティフリーの高品質の写真、イラスト、グラフィックなどを販売しているサービスを検索する。

 埋め込みを配置 
写真データなどの様々なファイルを編集中のドキュメントに貼り付ける。

 リンクを配置 
写真データなどの様々なファイルのリンクを編集中のドキュメントに貼り付ける。ドキュメント内のデータを編集すると、リンクされている元データも編集される。

 パッケージ 
印刷入稿に必要なデータをパッケージとしてひとつのフォルダーに収集することができる。

 自動処理 
複数のファイルに同じ内容の処理を自動で行う。

 スクリプト 
Photoshopの標準機能では手間のかかる処理を作業に合わせて、Java ScriptやApple Script、VB Scriptなどでプログラムを作成すると、メニューから選ぶだけで自動的に作業を行ってくれる。

 読み込み 
動画データなどの通常規格ではない形式ファイルを読み込むときに使う。

 ファイル情報 
ファイルの内容の説明や作者に関する情報などをメタデータとしてアートワークに埋め込むことができる。ファイルに関する情報を覚え書きとして記しておきたい時や、データを受け渡す相手に情報を伝えておきたい時に利用する。

 プリント 
アートワークを印刷するための設定を行い、実際に紙に印刷することができる。

 1部プリント 
プリントのダイアログボックスを開かずに、一部だけ印刷する。

 終了 
Photoshopを終了する

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA