スタートワークスペース【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ スタートワークスペース

Illustratorを起動したときやドキュメントが開かれていないときに表示されるワークスペース。

ドキュメントの新規作成をはじめ、最近使用したファイルやコンピューターにあるファイルなどにすばやくアクセスできる。また、Illustratorの活用法などのチュートリアルを見ることもできる。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 ① 作業 
毎回、Illustratorを立ち上げて、まずはじめにするのがドキュメントを作成する作業になる。新規作成なのか、または既存のファイルを開くのかがシンプルに選ぶことができる。

 

 ② 最近使用したもの 
Illustratorで最近使用したドキュメントの一覧が、リストまたは、サムネイルで表示され、効率良くドキュメントを探し開くことができる。

リスト・サムネイル 
「最近使用したもの」の右上あたりにある2つのアイコンをクリックすると、「リスト(右)」か「サムネイル(左)」の一覧が表示され、使用したいドキュメントを検索し開くことができる。また、次の「③ CCファイル」も同じように、「リスト」と「サムネイル」の一覧が表示され、使用したいドキュメントを検索し開くことができる。

 

 ③ CCファイル 
コンピューターから「Creative Cloudアセット」に同期したファイルを、ネットワークに接続しているすべてのデバイスやコンピューターから検索し、簡単に利用できる。

詳細情報
「詳細情報」をクリックすると、Adobeサイトにリンクし「Creative Cloudアセット」の詳細情報をみることができる。

Webで表示
「Webで表示」をクリックすると、Web上にある「Creative Cloudアセット」に同期したファイルを、表示や管理、共有したりできる。

 

 ④ 新規作成 
「新規作成」または、「最近使用したもの」の新規作成(初めて起動したドキュメントが、作成されていないときのみ表示)をクリックすると、「新規ドキュメント」のダイアログボックスが開き、用途に合わせてドキュメントを作成できる。

 

 ⑤ 開く 
「開く」をクリックすると、「開く」のダイアログボックスが開き、コンピューター内にあるドキュメントを指定し開くことができる。

 

 ⑥ アカウントを管理 
「アカウントを管理(人のシルエットのアイコン)」をクリックすると、Adobeサイトの「ログインページ」にリンクし、Adobe IDとパスワードを打ち込んでログインするとアカウントの管理が確認できる。

 

 ⑦ さらに 
画像をクリックするとAdobeサイトにリンクし、Adobeが提供している「Illustratorの活用法」や「ロゴの作り方」などのチュートリアルを見ることができ、Illustrator初心者が使い方を覚えたいときや、バージョンアップした際に、新機能の使い方を覚えるときなどに活用することができる。

 

▲クリックすると画像拡大

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA