起動する【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:WindowsC10(Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

Are You Ready?
それでは、ドキドキのスタートです。

 

⦿ Illustratorを起動する①-Aの制作環境

 1. 
Illustratorをインストールすると、デスクトップ上に「Ai」 のアイコンが表示される(インストールする時に、保存場所を指定した場合を除く)ので、ポインタをアイコンの上で、ダブルクリックする。

 

▲クリックすると画像拡大

 

デスクトップ上にアイコンがない人は、「Illustratorを起動する② 」
Macの人は、「MacでIllustratorを起動する」へ

 

 2. 
起動画面が表示され、フォントやプラグインなどと共に各種設定が読み込まれるので、画面が切り替わるまでボーッと少し待つ。

 

▲クリックすると画像拡大

 

しばらく経っても画面が切り替わらい場合は、環境設定ファイルの破損やアップデートによるバグなど、様々な原因がありますので Illustrator を速やかに終了し、原因を調べてみてください。

 

 3. 
おめでとう!!
画面がスタートワークスペースに切り替わり、Illustratorが起動したね。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 

⦿ Illustratorを起動する②

 1. 
デスクトップの下部にあるタスクバーの一番左にある「Windows(スタートメニュー)」のアイコンの上にポインタを移動しクリックする。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 2. 
Windowsのスタートメニューが表示され、左側の一覧の中から「Ai」のアイコンがついている 「Adobe Illustrator CC 2017(お使いのIllustratorのバージョン名)」をクリックする。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 3. 
起動画面が表示され、フォントやプラグインなどと共に各種設定が読み込まれるので、画面が切り替わるまでボーッと少し待つ。

 

▲クリックすると画像拡大

 

しばらく経っても画面が切り替わらい場合は、環境設定ファイルの破損やアップデートによるバグなど、様々な原因がありますのでIllustratorを速やかに終了し、原因を調べてみてください。

 

 4. 
おめでとう!!
画面が「スタートワークスペース」に切り替わり、Illustratorが起動したね。

 

▲クリックすると画像拡大

 

これらは基本的な手順です。この他にもソフトウェアのインストール場所やアイコンの配置場所によっては、多少操作が異なると思いますので自分の使いやすいようにカスタムしてみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA