起動する【Illustrator】


Adobe Illustrator を使うときの必ず最初に行う操作である、「Illustrator を起動する」やり方をまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Illustrator」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

また、私がまだ使い方が分かっていない項目などについては空白にしています。

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Illustrator バージョン 
Illustrator CC 2017

 

 

WindowsでIllustratorを起動する ①

各画像をクリックすると拡大して見ることができます。

 

 Illustratorをインストールすると、デスクトップ上に「Ai」 のアイコンが表示される(インストールする時に、保存場所を指定した場合を除く)ので、ポインタをアイコンの上で、ダブルクリックする。

 

 

 デスクトップ上にアイコンがない方は下記の項目へジャンプ 

 Windows で Illustratorを起動する ②
 Mac で Illustratorを起動する

 

 起動画面が表示され、フォントやプラグインなどと共に各種設定が読み込まれるので、画面が切り替わるまでボーッと少し待つ。

 

 

しばらく経っても画面が切り替わらい場合は、環境設定ファイルの破損やアップデートによるバグなど、様々な原因がありますので Illustrator を速やかに終了し、原因を調べてみてください。

 

 画面がスタートワークスペースに切り替わり、Illustratorが起動した。

 

 

 

 

WindowsでIllustratorを起動する ②

各画像をクリックすると拡大して見ることができます。

 

 デスクトップの下部にあるタスクバーの一番左にある「Windows(スタートメニュー)」のアイコンの上にポインタを移動しクリックする。

 

 

 Windowsのスタートメニューが表示され、左側の一覧の中から「Ai」のアイコンがついている 「Adobe Illustrator CC 2017(お使いのIllustratorのバージョン名)」をクリックする。

 

 

 起動画面が表示され、フォントやプラグインなどと共に各種設定が読み込まれるので、画面が切り替わるまでボーッと少し待つ。

 

 

しばらく経っても画面が切り替わらい場合は、環境設定ファイルの破損やアップデートによるバグなど、様々な原因がありますのでIllustratorを速やかに終了し、原因を調べてみてください。

 

 画面が「スタートワークスペース」に切り替わり、Illustratorが起動した。

 

 

 

Illustratorをうまく立ち上げることはできましたか?

これらは基本的な手順です。この他にもソフトウェアのインストール場所やアイコンの配置場所によって、操作が異なると思いますので自分の使いやすいようにカスタムして試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA