基本画面の名称【Illustrator】


Adobe Illustrator を利用するなら少しは理解しておきたい、「基本画面の名称」についてまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Illustrator」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

また、私がまだ使い方が分かっていない項目などについては空白にしています。

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Illustrator バージョン 
Illustrator CC 2017

 

 

Illustratorの基本画面

▲クリックすると画像拡大

 

 ワークスペース
Illustratorを起動して開かれた操作画面全体のこと。

 アプリケーショバー
Illustratorに関連したアプリケーションやよく使用するツール、メニューが表示されている。

 アプリケーションバー

 メニューバー
ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 ファイル
 編集
 オブジェクト
 書式
 選択
 効果
 表示
 ウィンドウ
 ヘルプ  & Illustrator CC

 コントロールパネル
現在の操作に必要な項目だけをコンパクトにまとめ表示される。動作しているアプリケーションに応じて内容が切り替わる。

 ツールパネル
オブジェクトを作成したり編集するために使用する「道具(ツール)」が、アイコンで表示されている。

 パネル / パレット
作業中の各設定の確認や編集する機能がまとめられている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 ドッグ 
パネル類がアイコン化されて表示されている部分。

 

 ドキュメントウィンドウ
イラストや文章などを表示し、編集するためのウィンドウのこと。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 タブ 
ファイル名が表示される付箋みたいなもの。手帳やルーズリーフなどの端から突き出した、表題や分類などを記した紙片やシールのこと。

 

 ステータスバー
現在の拡大率やファイルの情報が表示されている。

 アートボード
アートワークの作業領域。印刷可能な領域。

 スクラッチエリア / ペーストボード
アートボードの外の部分。この領域にあるオブジェクトは印刷できない。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA