アプリケーションバー 【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:WindowsC10(Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

ここで追う際はIllustratorの「アプリケーションバー」にある機能をまとめていますが、各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

⦿ アプリケーショバー

ディスクトップ上の一番上(Macは2段目)にあるバーのこと。Illustratorに関連したアプリケーションや、よく使用するツールやメニューなど分類された項目が表示されている。

▲クリックすると画像拡大

 

 ① Adobe Bridgeに移動 
写真や制作ファイルを一元的に管理し、閲覧や検索、管理ができるソフト「Adobe Bridge」が開いて利用ができる。

単体では販売しておらず、IllustratorやPhotoshopなどのAdobe関連ソフトをインストールするとセットでついてくる。

 ② Adobe Stockを検索 
Adobeがロイヤリティフリーの高品質の写真やイラスト、グラフィックなどを販売しているサービス「Adobe Stock」が開いて利用できる。

 ③ ドキュメントレイアウト 
複数のドキュメントを開いて作業しているときに、ドキュメントを並べて表示することができる。

 ④ GPUパフォーマンスが有効になっています。クリックすると環境設定パネルでオプションを変更できます。 
GPU(Graphics Processing Unit)とは、3Dグラフィックスのように縦・横・奥行きなどの位置情報を計算して映像を表示させたり、高画質映像を美しく滑らかに動かす役割を担っている画像処理装置のこと。

GPUパフォーマンスを有効にすると、GPUにより計算が加速されるため、デザイン、アニメーション、ビデオの様々なアプリケーションのパフォーマンスが高速化される。

 ⑤ 「ワークスペース」切り替えコントロール 
ボタンをクリックしプルダウンした項目の中から、用途に合わせたワークスペースを切り替えることができる。

 ⑥ 「検索」ボックス 
用語などを入力すると「Adobeサイト」に接続されて、意味などを調べることができる。

 ⑦ 「最小化」ボタン 
Illustratorをデスクトップのタスクバーに納め、Illustratorのドキュメントウィンドウを一時的に画面上から隠す。

 ⑧ 「最大化 / 元サイズに戻す」切り替えボタン 
Illustratorのウィンドウをモニターのサイズに合わせた大きさに表示させる。または、最大化しているIllustratorのドキュメントウィンドウを元の大きさに表示する。

 ⑨ 「閉じる」ボタン  
Illustratorのドキュメントウィンドウを終了する。ただしMacの場合は、ドキュメントウィンドウが閉じるだけで、Illustratorは完全に終了していないので注意。

完全に終了させるには、終了するへ。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA