メニューバー / ウィンドウ【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:WindowsC10(Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「ウィンドウ」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ ウィンドウ

パネルの表示・非表示を切り替えるコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 新規ウィンドウ 
新しいウィンドウを開いて、現在作成中のドキュメントをもうひとつ表示させることができる。2つのドキュメントは連動しており、片方のウィンドウ上で行った修正は、もう片方のウィンドウにも反映される。

 アレンジ 
ウィンドウの並び替えや分離・統合を操作する。

 ワークスペース 
作業の内容ごとに必要なパネルの種類と配置をワークスペースとして保存し、作業に合わせて切り替える。

 アドオン参照 
公開されている「アドオン」の一覧をWebブラウザーで開き、役立ちそうなアドオンだけを選んでIllustratorに追加する。

 エクステンション 
外部サービスを利用するための拡張機能が納められたパネルを利用する。

 アプリケーションフレーム 
Macのみの項目でアプリケーションフレームを表示し、アプリケーション全体を1つのユニットとして扱うことで、デスクトップを見えないようにする。

 アプリケーションバー 
Macのみの項目で、アプリケーションバーの表示か非表示を切り替える。

 コントロール 
すべてのパネルの内容から、選択したオブジェクトに関連する項目だけを自動的に選択し、コンパクトにまとめたコントロールパネルを表示か非表示に切り替える。

 ツール 
自分のよく使うツールを集めたカスタムツールパネルを作成したり管理したりする。

 Color テーマ 
「Adobe Color」アプリで作成したカラーテーマやお気に入りとしてマークしたカラーテーマを表示し利用する。

 CSS プロパティ 
Illustratorで作成したオブジェクトやテキストのカラーを、Webページの外観(フォント、色、装飾など)を文字列で定義する「CSSコード」で書き出す。

 SVG インタラクティビティ 
オブジェクトに「Java scriptイベント」を埋め込み、対話型のコミュニケーションが可能な機能の「インタラクティビティ」を追加する。

 アクション 
あらかじめ作品の作成過程を記憶しておいた一連の動作をオブジェクトに適用し、作業を自動化する。

 アセットの書き出し 
ドキュメント上に作成したオブジェクトを、個々に画像やSVGなどに書き出す。

 アピアランス 
線や塗り、カラー、効果などの様々な属性されているオブジェクトのアピアランスを、見やすいようにリストで一覧にしたアピアランスパネルを表示か非表示に切り替える。

 アートボード 
作成中のアートボード名を一覧表示し、新規アートボードなどの作成や複製をする。

 カラー 
オブジェクトの塗りと線にカラーを適用したり、カラーの編集をする。

 カラーガイド 
指定した1つのカラーをもとに、様々なバリエーションのカラーを生成して、タイル状に表示する。

 グラデーション 
グラデーションの色の変化や方向を調整しオブジェクトに設定する。

 グラフィックスタイル 
複数のアピアランスをまとめたセットを登録したり、登録してあるアピアランスのセットをオブジェクトに適用したりする。

 シンボル 
登録されているシンボルインスタンスを配置したり、新たに作成したシンボルインスタンスを登録する。

 スウォッチ 
よく使用するカラーやグラデーション、パターンをタイル状に表示や設定したり、カラーなどを新しく作成したりする。

 ドキュメント情報 
作業中のドキュメントに関する様々な情報を表示する。

 ナビゲーター 
ウィンドウ内でのアートワークの表示範囲や表示倍率を変更する。

 パスファインダー 
複数のオブジェクトを組み合わせて新しいシェイプを作成する。

 パターンオプション 
パターンの作成や編集に関する設定を行う。

 ブラシ 
ブラシを設定したり、カラーなどを新しく作成したりする。

 ライブラリ 
つくったパーツを保存し、creative cloudに同期しているのでPhotoshopなどのAdobeソフトに同じパーツを使用することができる。

 ラーニング 

 

 リンク 
配置画像の管理と操作を行う。

 レイヤー 
ドキュメント内のオブジェクトを一覧表示し管理や操作をする。

 分割・統合プレビュー 
透明部分を分割・統合した際に、影響を受ける領域をハイライトして確認する。

 分版プレビュー 
CMYKや特色の版ごとにプレビュー表示を行い、オーバープリントの設定などをプレビューし確認する。

 変形 
選択したオブジェクトの位置やサイズを確認、調整する。

 変数 
変数の名前または種類を編集したり、変数のバインディングを解除したり、変数をロックしたりする。

 属性 
オブジェクトの「属性」に関する様々な設定をする。

 情報 
選択したオブジェクトの様々な情報を表示する。

 整列 
選択した複数のオブジェクトの整列や分布を調整する。

 書式 
ドキュメント内の個々の文字に書式を設定する。

 画像トレース 
トレースの値を調整して画像をトレースする。

 線 
オブジェクトの線の太さや形状を設定する。

 自動選択 
自動選択ツールで選択される属性の条件を設定する。

 透明 
不透明度の設定や不透明マスクを作成する。

 グラフィックスタイルライブラリ 
登録されているアピアランス属性のセットをオブジェクトに適用したり、アピアランス属性のセットを作成し名前を付けて保存したりする。

 シンボルライブラリ 
登録されているシンボルインスタンスをオブジェクトに適用したり、シンボルインスタンスを作成し名前を付けて保存したりする。

 スウォッチライブラリ 
登録されているスウォッチをオブジェクトに適用したり、スウォッチを作成し名前を付けて保存したりする。

 ブラシライブラリ 
登録されているブラシをオブジェクトに適用したり、ブラシを作成し名前を付けて保存したりする。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA