メニューバー / 表示【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:WindowsC10(Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「表示」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

 

⦿ 表示

ウィンドウ内の表示モード変更や倍率の設定など画面表示に関するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 CPU でプレビュー 
CPU(Central Processing Unit)とは、コンピュータを構成する部品の一つで、各装置の制御やデータの計算・加工を行う中央処理装置のこと。

CPUのプレビューを有効にするとGUPのプレビューは無効になる。

 GUP でプレビュー 
GPU(Graphics Processing Unit)とは、3D グラフィックスのように縦・横・奥行きなどの位置情報を計算して映像を表示させたり、高画質映像を美しく滑らかに動かす役割を担っている画像処理装置のこと。

GUPのプレビューを有効にするとCUP のプレビューは無効になる。

 オーバープリントプレビュー 
オーバープリントが設定されたオブジェクトが色分解出力において、最終的にどのように印刷されるか確認する。

 ピクセルプレビュー 
ビットマップ形式で書き出したときのオブジェクトが、どのように表示されるか確認する。

 校正設定 
特定の出力機器で出力したときの色の変化をモニターの画面上で確認する。出力する印刷機器が手元にない場合でも、その印刷機器をシュミレートした印刷結果を画面上で表示できる。

 色の校正 
写真やイラストの細やかな色調を確認する。

 ズームイン 
画面表示を拡大して、アートワークの細部が確認できる。

 ズームアウト 
画面表示を縮小して、アートワークの広い範囲を確認できる。

 アートボードを全体表示 
画面いっぱいに作業中のアートボードの全体がぴったりと表示される。

 すべてのアートボードを全体表示 
複数のアートボードすべてに対して、アートボードの全体を表示する。

 100%表示 
作業中のアートボードを実寸(100%)サイズに表示する。ただしここでいう実寸サイズは、ディスプレイの表示解像度が72dpiの場合を指す。

 境界線を表示 / 境界線を非表示 
オブジェクトを選択している時に、選択されているパスの境界線の色が表示か非表示に切り替わる。

 アートボードを表示 / アートボードをを隠す 
アートボードの枠線を表示か非表示に切り替える。

 プリント分割を表示 / プリント分割を隠す 
アートワークの印刷可能な範囲を表示か非表示に切り替える。

 スライスを表示 / スライスをを隠す 
「スライス」機能を利用したときに表示される境界線とスライス番号を表示か非表示に切り替える。

 スライスをロック 
「スライス」機能を利用したときに、表示されるすべての境界線をロックして、「スライス選択ツール」で動かせないようにする。

 テンプレートを表示 / テンプレートを隠す 
トレースする際の下絵などに使用する「テンプレート」を表示か非表示に切り替える。

 定規 
ウィンドウの上と左端に、オブジェクトの位置やサイズを確認するときなどに使う目盛りを表示か非表示に切り替える。

 バウンディングボックスを表示 / バウンディングボックスを隠す 
オブジェクトを選択している時に、オブジェクトのまわりにつく四角い枠「バウンディングボックス」を表示か非表示に切り替える。

 透明グリッドを表示 / 透明グリッドを隠す 
背景が透明であることを示す、灰色と白の市松模様の「透明グリッド」を表示か非表示に切り替える。

 テキストのスレッドを表示 / テキストのスレッドを非表示 
テキストオブジェクトがリンクされている順番を示す矢印「テキストのスレッド」を表示か非表示に切り替える。

 グラデーションガイドを表示 / グラデーションガイドを隠す 
選択したオブジェクト上にスライダーの「グラデーションガイド」を表示か非表示に切り替える。

 コーナーウィジェットを表示 / コーナーウィジェットを隠す 
図形の角を丸い形状にするための、オブジェクトの各角の内側にある 2重丸のような印「コーナーウィジェット」を表示か非表示に切り替える。

 ライブペイントの隙間を表示 / ライブペイントの隙間を隠す 
ライブペイントグループ内の隙間を自動的に検出し、交差していないパスがある隙間を強調し、表示するか非表示に切り替える。

 ガイド 
オブジェクトやテキストオブジェクトを配置するときに、目安になる線(ガイド)を表示する。

 スマートガイド 
オブジェクトにポインタを重ねると、ポインタの重なっている位置の情報が一時的に表示されるガイドを表示する。

 遠近グリッド 
オブジェクトに遠近感をつけるための特殊なマス目状の線(グリッド)を表示する。

 グリッドを表示 / グリッドを隠す 
直線を引いたり、図形を配置するときなどの目安にする、ウィンドウ全体に方眼紙のようなマス目で表示したガイド(グリッド)を表示か非表示に切り替える。

 グリッドにスナップ 
オブジェクトがグリッドに沿うようにスナップ(吸着)する。

 ピクセルにスナップ 
オブジェクトがピクセルを基準にしたグリッドに沿うようにスナップ(吸着)する。

 ポイントにスナップ 
オブジェクトがアンカーポイントに沿うようにスナップ(吸着)する。

 新規表示 
表示に新しい表示項目を作成し保存したり、呼び出したりする。

 表示の編集 
表示に作成した表示項目の編集や削除をする。

 フルスクリーンにする 
Macのみの項目で、描画スペースがモニターいっぱいに表示され、タイトルやメニューなどは画面から見えなくなる。Windowsの「表示」内に項目はないが、ツールパネルの下部にある「スクリーンモードを変更」のアイコンやショートカットキー(F)で変更できる。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA