メニューバー / 効果【Illustrator】


Adobe Illustrator の各機能についてまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Illustrator」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Illustrator バージョン 
Illustrator CC 2017

 

 

メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「効果」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。

 

 

効果

ベクトルオブジェクトやビットマップ画像に特殊効果を追加するためのコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 前回の効果を適用 
直前に実行した効果コマンドを複数のオブジェクトに対して、再び適用することができる。

 前回の効果 
前回の適用した効果の設定を変更して適用する。

 ドキュメントのラスタライズ効果設定 
効果コマンドの一部は、適用した際にオブジェクトの見た目をラスタライズされるので、そのラスタライズ効果の適用する際の設定を行う。

 Illustrator効果 
Illustrator用に開発された効果で、アピアランスパネルでベクターオブジェクトのみ、またはビットマップオブジェクトの塗りまた線のみに適用する。

 3D 
選択したオブジェクトの見た目を立体化する。

 SVG フィルター 
大きさにとらわれないベクトル形式の画像「SVG(Scalable Vector Graphics)フィルター」を利用して、解像度に依存しない効果をオブジェクトに適用し、ラスタライズすることなく「SVG保存」する。ラスタライズ形式で適用される効果とは違い、拡大してもデータが重くならずWeb用に適している。

 スタイライズ 
オブジェクトにドロップシャドウを適用したり、角を丸くしたり、矢印を作成する効果がある。

 トリムマーク 
選択したオブジェクトの周囲に「トリムマーク」をつける。

 パス 
文字を複合パスに変換したり、オブジェクトのアウトラインを変更する。

 パスの変形 
パスを様々な形に変形する。

 パスファインダー 
複数の見た目だけを結合して、重なった部分の見え方などを様々に変化させる。

 ラスタライズ 
直線や曲線のパスで構成されているベクトル画像の見た目だけを、ピクセルで構成されているビットマップ画像に変換する。

 ワープ 
パスやテキスト、メッシュ、ブレンド、ラスター画像などを、さまざまな形にゆがめたり、変形させる。

 形状の変換 
オブジェクトの見た目だけを長方形や角丸長方形、楕円形に変換する。

 Photoshopの効果 
ベクターオブジェクトかビットマップオブジェクトに適用する。

 効果ギャラリー 
効果を適用した結果のプレビューやオプション設定をする。

 ぼかし 
オブジェクトの境界線をぼかす。

 アーティスティック 
画像に絵画のようなエフェクトや特殊効果を与える。

 スケッチ 
画像を手書きでスケッチしたようなエフェクトや特殊効果を与える。

 テクスチャー 
「テクスチャー」と呼ばれるパターンを加えることで、画像に深みや質感を与えたり、自然な印象を与える。

 ビデオ 
テレビやビデオ用のアートワークから、キャプチャーされた画像を最適化する。

 ピクセレート 
ビットマップ画像のカラー値の近いピクセルをひとつに集め、境界を強調する。

 ブラシストローク 
様々なブラシやインクの線の効果を使用して絵画のような外観にする。

 変形 
ガラスなどのフィルターを手前に置いて、幾何学的に歪めたり変形させて、透かして見たような画像に変換する。

 表現手法 
矢印やドロップシャドウを追加したり、角を丸くしたりする。また、境界線をぼかしたり、光彩や落書き効果のアピアランスをオブジェクトに追加する。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA