メニューバー / 選択【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:WindowsC10(Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「選択」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ 選択

アートワーク内のオブジェクトを選択するときに利用するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 すべてを選択 
ロックされているレイヤーやオブジェクトを除いた、すべてのアートボード上のオブジェクトをすべて選択する。

 作業アートボードのすべてを選択 
ロックされているレイヤーやオブジェクトを除いた、作業をしているアートボード上のオブジェクトをすべて選択する。

 選択を解除 
アートボード上のオブジェクトのすべての選択を解除する。

 再選択 
直前に解除した選択した条件や同じ属性のオブジェクトを再び選択する。

 選択範囲を反転 
ロックされているレイヤーやオブジェクトを除いた、選択しているオブジェクトの選択を解除して、選択していないオブジェクトを選択する。

 前面のオブジェクト 
現在選択しているオブジェクトのひとつ前にあるオブジェクトに選択範囲を移し選択状態にする。今まで選択していたオブジェクトの選択は解除される。

 背面のオブジェクト 
現在選択しているオブジェクトの、ひとつ後にあるオブジェクトに選択範囲を移し、選択状態にする。今まで選択していたオブジェクトの選択は解除される。

 共通 
現在選択しているオブジェクトと、塗りや線などの同じ属性を持つオブジェクトだけをすべて選択する。

 オブジェクト 
ブラシストロークやテキストオブジェクトなど、特定の種類のオブジェクトをまとめて選択する。

 選択範囲を保存 
現在選択している範囲に名前をつけて保存する。

 選択範囲を編集 
保存した選択範囲の名前の変更や削除の編集をする。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA