メニューバー / 書式【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:WindowsC10(Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここでは、このメニューバーにある「書式」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

⦿ 書式

フォントの指定やテキストオブジェクトのアウトライン化などの書式に関するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 Typekit からフォントを追加 
Webブラウザーで「Adobe Typekit」が起動し、フォント一覧の中から選んだフォントを追加すると、Illustratorで使えるようになる。

 フォント 
Illustratorに入っているフォント一覧から、入力したい文字の書体を変更する。

 最近使用したフォント 
最近Illustratorで使用したフォントが一覧表示される。

 サイズ 
入力した文字の大きさを変更する。

 字形 
異体字や特殊な欧文文字などが一覧できる「字形パネル」が表示され、入力したい文字に変更する。

 ポイント文字に切り替え / エリア内文字に切り替え 
文字ツールでアートボード上にクリックした位置から文字が入力できる「ポイント文字」、または文字ツールでアートボード上をドラックすると、「テキストエリア」と呼ばれる範囲内で文字が入力できる「エリア内文字」のいずれかに切り替える。

 エリア内文字オプション 
選択している「テキストエリア」の設定を変更する。テキストエリアを段組みしたいときやテキストエリアのオフセットを変更したいとき、段組みのテキストが流し込まれる順番を変更したいときに利用する。

 パス上文字オプション 
パスに沿って入力された文字の設定をする。

 合成フォント 
複数のフォントを文字の種類ごとに独自に組み合わせた「合成フォント」を作成する。

 禁則処理設定 
文章の行頭に句読点や記号などがこないように処理する「禁則処理」に関する設定をする。

 文字組みアキ量設定 
句読点や括弧など特定の文字の配置間隔を調整する。

 スレッドテキストオプション 
記述した文字数がテキストエリアに表示しきれなかった時に、複数のテキストオブジェクトをリンクさせて、表示しきれなかった文字列を別のテキストエリアに流し込む。

 ヘッドラインを合わせる 
テキストエリアの幅に合わせて段落の文字間隔を調整する。

 環境に無いフォントを解決する 
人とデータのやり取りをしていると、自分のパソコン環境にないフォントが使用された文書を開いた場合に、自分のパソコン環境にあるフォントに置き換えて表示してよいかを確認するメッセージが表示され、フォントの代替えをする。

 フォント検索 
ドキュメント内で使用されている特定のフォントを検索し、ほかのフォントに置き換える。

 大文字と小文字の変更 
アルファベットの大文字を小文字に、または小文字を大文字に変換する。

 句読点の自動調節 
特定のアルファベットや記号を、出版用の活字タイプの文字や記号に置換する。

 アウトラインを作成 
文字の輪郭をパスで構成したグラフィックオブジェクトに変換する。

 最適なマージン揃え 
欧文の句読点や行頭、行末の文字位置を自動的に調整しテキストの見栄えを整える。

 特殊文字を挿入 
シンボルやハイフン、ダッシュ、引用符といった「特殊文字」の一覧から文字を選択し入力する。

 空白文字を挿入 
文字と文字の間に、文字のないスペース「空白文字」を挿入する。

 分割文字を挿入 

 サンプルテキストの割り付け 
テキストフレーム内に「ダミーのテキスト」を挿入する。

 制御文字を表示 
改行やタブなどの普段は表示されない制御文字を画面に表示させる。

 組み方向 
テキストオブジェクトの縦組みと横組みの切り替える。

 テキストを更新 
古いバージョンのIllustratorを開くと、テキストを編集できない「レガシーテキスト」になっている時があり、テキストを更新するとテキストが編集できるようになる。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA