メニューバー / オブジェクト【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:WindowsC10(Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここではこのメニューバーにある「オブジェクト」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

⦿ オブジェクト

オブジェクトの変形や重なり順の変更などをオブジェクトの編集に関するコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 変形 
選択されたオブジェクトを、回転やリフレクト、拡大縮小などさまざな形に変形する。

 重ね順 
オブジェクトの位置を変更せずに属するレイヤーの順序を変更する。作成したオブジェクト順にレイヤーが上へ重ねられいくので、その順序を変更する。

 グループ 
選択した複数のオブジェクトをグループ化しまとめる。

 グループ解除 
グループ化したオブジェクトを解除し、複数のオブジェクトに分ける。

 ロック 
複数の重なり合ったオブジェクトを編集したいときに、その前後にあるオブジェクトだけを、一時的に編集や移動ができないようにロックをかける。

 すべてをロック解除 
アートワーク内のロックされているすべてのオブジェクトのロックを解除する。

 隠す 
アートワーク上にパスがたくさんあって邪魔なときなどに、選択したオブジェクトを画面上から一時的に非表示にし画面上から隠すことができる。

 すべてを表示 
アートワーク上にあるオブジェクト、隠されていたオブジェクトをすべて表示する。

 分割・拡張 
グラデーションパターンやブレンド、エンベローブ、シンボルなどを分割・拡張し複数のオブジェクトに変換する。なお、分割後のオブジェクトはグループ化してある。

 アピアランスを分割 
アピアランス属性(スタイルや効果など)を持つオブジェクトを、塗りや線に分割し複数のオブジェクトに変換する。なお、分割後のオブジェクトはグループ化してある。

 ラスタライズ 
ベクトル画像をビットマップ画像に変換する。パスの多い複雑なデータになったベクトル画像をビットマップ画像に変換し、重くなったデータを軽くする。

 グラデーションメッシュを作成 
オブジェクトをメッシュオブジェクトに変換する。グラデーションメッシュは、パスを網目状(メッシュ)に分解し、複雑なグラデーションをつくることができる。

 モザイクオブジェクトを作成 
ビットマップ画像からモザイクオブジェクトを作成する。

 透明部分を分割・統合 
半透明のオブジェクトが重なる部分と重ならない部分を分割し、次に重なる部分の色を統合して重ならない部分と同様にすることで効果の見た目を保持する。

 ピクセルを最適化 
Illustratorのアートボードの内容を、ほかのアプリケーションで使用できる形式に変換、保存する。

 スライス 
選択しているオブジェクトの大きさにオブジェクトをスライス(分割)し、それぞれのパーツに最適な設定で、Web用のファイルに保存する。

 トリムマークを作成 
アートワーク内に編集可能な印刷の基準となるトリムマーク(トンボ)を作成する。

 パス 
点と点を線で結んだオブジェクトを編集する。

 シェイプ 
点や線、面を組み合わせた図形の「シェイプ」に変換、拡張する。

 パターン 
スウォッチに登録されたくり返し使用できるパスや複合パス、またはテキストなどの「パターン(模様)」を編集、作成する。

 ブレンド 
複数のオブジェクトの形とカラーを混ぜ合わせて中間オブジェクトを作成、編集する。

 エンベロープ 
選択したオブジェクトを前面に配置した透明なオブジェクトに合わせてオブジェクトの形を変形する。

 遠近 
描画済みのオブジェクトにその形状を変形させることなく、遠近感をつけるための編集をする。

 ライブペイント 
パス内の閉じられた領域を、塗り絵感覚で色を塗れる。

 画像トレース 
手描きのイラストや写真などの画像データ(ラスターデータ)をベクトルデータに変換する。

 テキストの回り込み 
読み込んだ画像や作成したオブジェクトに対して、文字列がオブジェクトに重ならないようにテキストを回り込んで配置させる。

 Line と Sketch のアート 

 

 クリッピングマスク 
配置した画像や描画したイラストなどの一部だけを見せるために、見せたい形状で切り抜く。

 複合パス 
複数のパスの重なり合う部分を透明に切り抜き、複数のパスをひとつのオブジェクトとして扱えるようになる。パスが2重に重なっている部分には、自動的に穴が空く。

 アートボード 
アートボードの作成や編集などを変更できる。

 グラフ 
段組みや円グラフ、棒グラフなどの様々なグラフの設定、編集する。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA