環境設定 / ブラックのアピアランス【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

Illustratorを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにIllustratorをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「ブラックのアピアランス」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

⦿ 環境設定

Illustratorの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Illustratorのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

⦿ ブラックのアピアランス

表示や印刷の際の純ブラック(K100%の黒)とリッチブラック(掛け合わせの黒)の表示方法の設定を行う項目。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 ① スクリーン 
画面表示の際に、「すべてのブラックを正確に表示」では、純ブラックは濃いグレー、リッチブラックは黒で表示する。「すべてのブラックをリッチブラックとして表示」では、純ブラックとリッチブラックを黒で表示する。

 ② プリント / 書き出し 
印刷の書き出しの際に、「すべてのブラックを正確に出力」では、純ブラックは濃いグレー、リッチブラックは黒で出力する。「すべてのブラックをリッチブラックとして出力」では、純ブラックとリッチブラックを黒で出力する。

 ③ ブラック(K100%)のサンプル 
純ブラックの外観に差をつけた時のサンプルが表示される。

 ④ リッチブラックのサンプル 
純ブラックの外観に差をつけた時のサンプルが表示される。

 ⑤ 詳細 
マウスポインターが置かれている項目の詳しい解説が表示される。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA