環境設定 / ファイル管理・クリップボード【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

Illustratorを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにIllustratorをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「ファイル管理・クリップボード」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

⦿ 環境設定

Illustratorの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Illustratorのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

⦿ ファイル管理・クリップボード

リンク画像やクリックボードの設定を行う項目。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 データの復元 
 ① 復帰データを次の間隔で自動保存 
チェック(✓)を入れると、指定した時間(分単位)の頻度で作品のバックアップを保存する。ただし、時間間隔が短いと大規模なファイルや複雑なファイルの作成中に、作業フォローが中断されることがある。

また、時間間隔が長いとクラッシュが発生した際に失われるデータが多くなるなる可能性があるので、時間間隔の設定には注意が必要。

 ② 複雑なドキュメントではデータの復元を無効にする 
チェック(✓)を入れると、サイズの大きいファイルや複雑なファイルをバックアップするときに、Illustratorが一時停止することがある。これにより、ワークフローが遅くなったり中断される場合にデータ復元を無効にする。

 ファイル 
 ③ 最近使用したファイルの表示数(0~30) 
「メニューバー > ファイル > 最近使用したファイルを開く」に表示されるファイル数を最大30まで指定することができる。

 ④ リンクされたEPSに低解像度の表示用画像を使用 
チェック(✓)を入れると、リンクされたEPSを低解像度で表示する。

 ⑤ ピクセルプレビューでビットマップ画像をアンチエイリアス処理した画像として表示 
チェック(✓)を入れると、ピクセルプレビュー時に、ビットマップ画像内の輪郭部分をアンチエイリアス処理して表示する。

 ⑥ リンクを更新 
リンク画像の更新方法を設定する。

 クリップボード 
 ⑦ コピー時: 

SVGコードを含む

 

 ⑧ 終了時: 
チェック(✓)を入れると、Illustratorを終了した後、クリップボードにコピーされたオブジェクトの不透明度やアピアランスが保持される。

PDF
クリックボードに記憶される際に、オブジェクトの不透明度が維持される。

AICB(透明サポートなし)
透明なオブジェクトを、分割された不透明オブジェクトに変換して記憶させる。

パスを保持
選択範囲内のパスの形状が保持されたまま記憶される。

アピアランスとオーバープリントを保持
選択範囲内の見た目が保持されたまま記憶される。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA