環境設定 / スマートガイド【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

Illustratorを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにIllustratorをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「スマートガイド」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

⦿ 環境設定

Illustratorの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Illustratorのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

⦿ スマートガイド

オブジェクトやアートボードを作成、または操作するときに一時的に 表示されるガイド「スマートガイド」の動作や表示の設定を行う項目。

 

▲クリックで画像拡大

 

 表示オプション 
 ① カラー 
スマートガイドのカラーを指定する。「カスタム」を選べば自由に色を選択することができる。

 ② 整列ガイド 
チェック(✓)を入れると、選択したオブジェクトがほかのオブジェクトと整列した時に、オブジェクトやアートボード、裁ち落しの中心と端に沿ってガイドラインが表示される。オブジェクトが複数あるとガイドが反応しすぎて作業の邪魔になることがある。

チェック(✓)を外すと、スナップがほとんど効かなくなるので、「Ctrlキー(MacはCommand / ⌘)を押しながらスナップさせる。

 ③ オブジェクトのハイライト表示 
チェック(✓)を入れると、目的のオブジェクト上にマウスポインターを合わせるとパスがハイライト表示される。ハイライト表示のカラーはオブジェクトのレイヤーカラーと同じ。

 ④ 変形ツール 
チェック(✓)を入れると、変形ツールを使用しオブジェクトを拡大・縮小、回転などの変形する際に、ガイドが表示される。

 ⑤ アンカーとパスのヒント表示 
チェック(✓)を入れると、パスが結合しており、かつアンカーポイントの中央にあるときにヒントが表示される。

 ⑥ 計測のヒント表示 
チェック(✓)を入れると、アンカーポイントにマウスポインタ―を移動したとき、その位置に関する情報を表示する。

スマートガイド適用中のときは、「長方形ツール」などの描画ツールを選択している状態で「shiftキー」を押すと、マウスカーソルが置かれている場所の座標が表示される。

 ⑦ 間隔ガイド 
チェック(✓)を入れると、オブジェクトの移動時に、隣り合ったオブジェクトとの間隔を表示する。

 ⑧ コンストラクションガイド 
チェック(✓)を入れると、新しいオブジェクトを描画する際に、ガイドが表示される。テキストボックスに任意の数値を入力すると、ガイドが表示される角度をカスタム設定することが最大6つまで指定できる。

 ⑨ スナップの許容値 
オブジェクトにマウスポインターを近づけた際に、スマートガイドが表示される距離を設定できる。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA