環境設定 / 単位【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

Illustratorを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにIllustratorをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「単位」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

⦿ 環境設定

Illustratorの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Illustratorのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

⦿ 単位

作業環境の単位の設定を行う項目。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 ① 一般 
ドキュメントの基本的な単位を指定する。オブジェクトの大きさや、移動の値の単位を変更することができる。

 

 ② 線 
線の太さの値の単位を指定する。

 

 ③ 文字 
文字サイズや行間など、文字に関する数値に使われる単位を指定する。

 

 ④ 東アジア言語のオプション 
日本語オプションで使用する単位を指定する。

 

 ⑤ 数値のみの入力はポイントを単位とする 
単位を省略して入力した数値の単位を、すべてのポイントとする。「一般」の単位を「パイカ」としたとき、数値のみ入力された値は「ポイント」単位とされる。

 

 ⑥ オブジェクトの識別方法 
外部プログラムで判別するためのオブジェクトの識別方法を選択する。

 オブジェクト名 
動的オブジェクトの名称に、「レイヤーパネル」で設定されているオブジェクトの名前を使用する。

 XML ID 
動的オブジェクトの名称に、XMLの命名規則に従った「XML ID」が自動的に割り当てられる。「変数パレット」で作成したテンプレートをほかのアプリケーションで使用する場合は、ここにチエック(✓)を入れる。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA