環境設定 / 選択範囲・アンカー表示【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

Illustratorを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにIllustratorをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「選択範囲・アンカー表示」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

⦿ 環境設定

Illustratorの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Illustratorのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

⦿ 選択範囲・アンカー表示

オブジェクト選択時の表示や動作の設定を行える項目。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 選択範囲 
 ① 許容値 
許容(きょよう)とは、「そこまではOKだよ」と大目に見ることのできる範囲のことで、ここでの許容値は、オブジェクトやアンカーポイントの選択範囲を「1px ~ 8px」で指定することができる。

詳しくはこちら

 

 ② オブジェクトの選択範囲をパスに制限 
チェック(✓)を入れると、オブジェクトを選択する際に、パス上をクリックした時のみオブジェクトを選択することができる。

チェック(✓)を外すと、塗りつぶされたオブジェクトの内部のいずれかの位置をクリックして、オブジェクトを選択することができる。

 

 ③ ポイントにスナップ 
チェック(✓)を入れると、オブジェクトがアンカーポイントやガイドにスナップ(吸着)するようになり、吸着する範囲をピクセル(px)で設定することができる。

また、この設定は「メニューバー > 表示 > ポイントにスナップ」と連動している。

 

 ④ Ctrl (Command)+ クリックで背面のオブジェクトを選択 
チェック(✓)を入れると、Ctrlキー(Windows)、またはCommandキー(⌘ / Mac)を押しながらクリックすると、ほかのオブジェクトの下にあるオブジェクトを選択できる。

はじめてCtrl(Command / Mac)キーを押しながらクリックした時点で、ポインターは背面を選択する動作に変わり、それ以降はCtrl(Command / Mac)を押しながらクリックすると、そのポインターの位置の直下にあるオブジェクトが選択される。

 

 ⑤ セグメントをドラッグして固定パスをリシェイプ 
チェック(✓)を入れると、曲線のセグメントをダイレクト選択ツールでドラッグ(リシェイプ)しパスの形状を変形させたとき、ハンドルは常に元の角度に固定され曲線のセグメントが変形する。

チェック(✓)を外すと、セグメントをリシェイプしたとき、曲線のセグメントが変形に合わせてハンドルの角度も変わる。

 

 ⑥ 選択ツールおよびシェイプツールでアンカーポイントを表示する 

 

 アンカーポイントとハンドルの表示 
 ⑦ アンカー 
アンカーを表示する際の見た目を設定する。

 ⑧ ハンドル 
ハンドルを表示する際の見た目を設定する。

 ⑨ カーソルを合わせたときにアンカーを強調表示 
チェック(✓)を入れると、ダイレクト選択ツールでアンカーポイントにカーソルを合わせたときに、アンカーポイントを四角く強調して表示される。

 

 ⑩ 複数アンカーを選択時にハンドルを表示 
チェック(✓)を入れると、グループ選択ツールやダイレクト選択ツールで、アンカーポイントや塗りのオブジェクトを選択した場合、それぞれのハンドルをすべて表示される。

 

 ⑪ 次の角度より大きいときにコーナーウィジェットを隠す 
コーナーウジェットは、ダイレクト選択ツールを使用してコーナーポイントを含むパスを選択しているときに有効になり、チェック(✓)を入れると、任意の数値より角度が広がっているとコーナーウジェットは表示されなくなる。

 

 ⑫ ラバーバンドを有効にする対象  
チェック(✓)を入れると、ペンツール、または曲線ツールで描画するときにアンカーポイントと現在のマウスポインタ―の位置までの線「ラバーバンド」がプレビュー表示される。「ラバーバンド」は、その地点でクリックした場合に、実際に描画されるパスの形を表している。

 

スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA