スタートワークスペースの非表示【Illustrator】


Adobe Illustrator をはじめて起動させたときに必ず表示される、「スタートワークスペース」を非表示にするやり方まとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Illustrator」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

また、私がまだ使い方が分かっていない項目などについては空白にしています。

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Illustrator バージョン 
Illustrator CC 2017

 

 

スタートワークスペース

Illustratorをはじめて起動したときに最初にでてくる画面を「スタート」ワークスペースという。最近使用したファイルや「creative cloud アセット」に同期しているファイルの一覧が表示されるなどの機能がある。

 スタートワークスペース

 

▲クリックすると画像拡大

 

「新規ドキュメント」やコンピューター内のファイルを「開く」といった機能は備わっているので、このままでも問題はないと思われるが、起動するたびにこの画面が毎回表示されることになるので、通常の「ワークスペース」に切り替えるのための単純な操作が地味に紛らわしく感じてしまう人もいるだろう。

そこで、それを解消するために「スタートワークスペース」を非表示にする方法がある。

 

スタートワークスペースを非表示にする

 「環境設定 / 一般」のダイアログボックスを開く。

 環境設定を開く

 

▲クリックすると画像拡大

 

 「ドキュメントを開いていない時に「スタート」ワークスペースを表(H)」の「✓」をはずす。

 ダイアログボックスの右下にある「OK」ボタンをクリックすると、作業中の「ワークスペース」画面に切り替わる。

▲クリックすると画像拡大

 

 次回、Illustratorを起動すると「スタートワークスペース」の画面ではなく、通常の「ワークスペース」が初めから表示される。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA