線幅と効果も拡大・縮小【Illustrator】


Adobe Illustrator の各機能についてまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Illustrator」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

 

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Illustrator バージョン 
Illustrator CC 2017

 

ここでは、Illustratorの「環境設定・一般」の中の項目「線幅と効果も拡大・縮小」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。

 

 

環境設定・一般

Illustratorの各機能の環境設定を行う項目。その中の「一般」では、オブジェクトの移動や拡大・縮小などの一般的な操作に関する設定を行うことができる。
 

▲クリックすると画像拡大

 

 

線幅と効果も拡大・縮小

オブジェクトのの拡大・縮小に合わせて、線幅の太さや効果の大きさの割合を変化させるかどうかの設定を行う機能。

チェック(✓)を入れると、オブジェクトの拡大・縮小に合わせて、線幅が太くなったり細くなったりする。

 

▲クリックすると画像拡大

 

この機能は「線」だけでなく、ドロップシャドウなどの効果を使ったオブジェクトにも影響し、拡大・縮小に合わせて「効果の割合」が大きくなったり小さくなったりする。
 

▲クリックすると画像拡大

 

チェック(✓)をはずすと、オブジェクトの拡大・縮小にかかわらず、線幅は固定されて太さは変わらない。

 

▲クリックすると画像拡大

 

「線」と同様に、ドロップシャドウなどの効果を使ったオブジェクトの拡大・縮小にかかわらず、「効果の割合」は固定され変わらない。

▲クリックすると画像拡大

 

これらの設定は「拡大・縮小ツール」のダイアログボックスとリンクしているので、ここからも切り替えることができる。

▲クリックすると画像拡大

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA