アートワークのアンチエイリアス【Illustrator】


Adobe Illustrator の各機能についてまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Illustrator」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

 

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Illustrator バージョン 
Illustrator CC 2017

 

ここでは、Illustratorの「環境設定・一般」の中の項目「アートワークのアンチエイリアス」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。

 

 

環境設定・一般

Illustratorの各機能の環境設定を行う項目。その中の「一般」では、オブジェクトの移動や拡大・縮小などの一般的な操作に関する設定を行うことができる。

▲クリックすると画像拡大

 

 

アートワークのアンチエイリアス

オブジェクトをコンピューター上で描くと、画面では1ピクセルが最小単位なので、オブジェクトの斜線や曲線などの輪郭に「ジャギー」と呼ばれるギザギザが発せしてしまう。このジャギーを目立たなくするために、輪郭の色を滑らかに変化させるかどうかの設定を行う機能。

ただし、これはモニター上できれいに表示させるためのものなので、ビットマップフォントなどにアンチエイリアスをかけると輪郭がぼやけてしまうため、アンチエイリアス処理を行わないことが多い。

チェック(✓)を入れると、オブジェクトの境界線をなめらかに表示される。
 


▲クリックすると画像拡大

 

チェック(✓)を外すと、輪郭(エッジ)がギザギザになるので、通常はチェック(✓)を入れておくとよい。
 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA