環境設定 / 一般【Illustrator】

Adobe Illustrator の各機能についてまとめています。

あなたがお持ちのパソコンに「Adobe Illustrator」がインストールされていることを前提に、Windowsを使用して説明しています。

デザインに関わる仕事では「Mac」を使用していることが多いかと思いますので、Windows と「異なる点」についても補足しています。

 

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Illustrator バージョン 
Illustrator CC 2017

 

Illustratorを起動させたらまずやっておきたいのが、使いやすいようにIllustratorをカスタマイズすることです。初期設定のままだとなにかと使い勝手が悪く、作業効率もよくないので、使いやすいように設定しましょう。

その基本的な設定を一括して行えるのが「環境設定」です。ここでは、その中の項目の「一般」についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。

 

 

環境設定

Illustratorの各機能の環境設定を行う項目。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができる。

環境設定のダイアログボックスで行った設定は、Illustratorのアプリケーション全体に適用され、現在開いているドキュメントを閉じても設定内容は保持され、次に開いたドキュメントに引き継がれる。

 

 

一般

オブジェクトの移動や拡大・縮小などの一般的な操作に関する設定を行う項目。

▲クリックすると画像拡大

 

 キー入力
カーソルキーでオブジェクトを移動させることができる機能で、オブジェクトの位置を微調整したり、決まった距離を移動させる時などに活用できる。

 

 角度の制限
任意の角度でオブジェクトを作成、またはオブジェクトの移動ができる機能。

 

 角丸の半径
角丸長方形ツールで描くオブジェクトの角の半径を設定することができる機能。

 

 自動追加 / 削除しない
ペンツールでの描画中にオブジェクトに近づけると、ペンツールが自動的にアンカーポイントの「追加」ツールや「削除」ツールに切り替えるかどうかを設定する機能。

 

 十字カーソルを使う
ペンツールなどのマウスポインターの表示を設定する機能。

 

 ツールヒント表示
ツールなどの上にポインタを合わせると、そのツールについての簡易な説明を、表示するかどうかの設定を行う機能。

 

 アートワークのアンチエイリアス
コンピューター上で描いたオブジェクトは、斜線や曲線などの輪郭にギザギザが発せしてしまう。これを目立たなくするために輪郭の色を滑らかに変化させるかどうかの設定を行う機能。

 

 同じ濃度を選択
「特色」や「グローバルカラー」に設定したカラーが使われた、同じ色のオブジェクトを複数選択するとき、同じ濃度のオブジェクトを選択するかどうかの設定を行う機能。

 

 ダブルクリックして編集モード
グループ化されたオブジェクトを個別に選択する「編集モード」に、ダブルクリックして切り替えるかどうかを設定する機能。

 

 日本式トンボを使用
名刺やチラシ、ポスターなどの印刷物を作成する際に必要な、トンボ(トリムマーク)を「日本仕様」または「海外仕様」にするかを設定する機能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA