メニューバー / 編集【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

Illustratorを使うにあたって、まずは基本中の基本から!! ということで、ホントに初歩的なところからまとめていきます。

お持ちのパソコンにIllustratorがインストールされていることを前提とし、Windowsの内容で進めていきます。

しかし、デザインの仕事場では、まだまだMac率が高いこともあるので、Windowsと異なる点を補足する形で記していくことにします。できる限りではありますが……。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:WindowsC10(Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

 

⦿ メニューバー

ドキュメントウインドウやアプリケーションの操作命令を、機能別に分類し表示している。

 

▲クリックすると画像拡大

 

ここではこのメニューバーにある「編集」の各項目についてまとめていますが、わからない項目などは空白にしています。各機能の詳細については随時、ゆっくりとまとめていきます。

 

⦿ 編集

オブジェクトのコピー&ペーストやアプリケーション全体の環境設定のコマンドが含まれている。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 取り消し 
直前に行った作業を取り消し、クリックするごとに今までの作業順にさかのぼり取り消すことができる。また、「編集」に表示される「取り消し」は、直前に行っていた作業の内容によって「○○○の取り消し」となり、「○○○」の部分の表記が作業名に変化する。

 やり直し 
「取り消し」でさかのぼった作業を取り消した順に、やり直すことができる。直前に行っていた作業の内容によって「○○○のやり直し」となり、「○○○」の部分の表記が作業名に変化する。

 カット 
選択したオブジェクトをアートボードからカット(削除)し、データを一時的に保管しておく「クリップボード」に格納する。

 コピー 
選択したオブジェクトをコピー(複製)し、クリップボードに格納する。

 ペースト 
「コピー」や「カット」してクリップボードに格納してあるオブジェクトを、アートボードにペースト(貼り付ける)。

 前面へペースト 
クリップボードに格納しているオブジェクトを同じ場所の最前面に貼り付ける。オブジェクトを選択したときは、その選択したオブジェクトの前面にクリップボードに格納しているオブジェクトを貼り付ける。

 背面へペースト 
クリップボードに格納しているオブジェクトを同じ場所の最背面に貼り付ける。オブジェクトを選択したときは、その選択したオブジェクトの背面にクリップボードに格納しているオブジェクトを貼り付ける。

 同じ位置にペースト 
クリップボードに格納しているオブジェクトを同じ場所の最前面に貼り付ける。「カット」した後にオブジェクトを選択しても、同様に最前面に貼り付ける。

 すべてのアートボードにペースト 
「カット」してクリックボードに格納されているオブジェクトを、すべてのアートボードの同じ位置に貼り付けられる。

 消去 
選択したオブジェクトを削除する。「カット」と違いクリップボードに格納されないのでオブジェクトのコピーは残らない。

 検索と置換 
アートボード内に入力されたいる文字列に対し、特定の文字列を検索する。または、「検索」された文字列を、別の文字列に置き換えられる。

テキストオブジェクトを選択した状態で実行すると、そのテキストオブジェクトのみに対し、特定の文字列を検索する。または、「検索」された文字列を、別の文字列に置き換えられる。

 次を検索 
「検索と置換」で設定した検出キーワードを、次の文字列に移動して検索する。

 スペルチェック 
ドキュメント内のすべての欧文のスペルをチェックし、スペルミスの単語を検出する。スペルミスがあった場合、修正候補の単語の中から適当なものを選択し置き換える。

 カスタム辞書を編集 
「スペルチェック」でスペルミスと検出された単語を、正しい綴りとして扱われるように単語を登録する。

 カラーを編集 
選択したオブジェクトに対して色を変更する。

 オリジナルを編集 
アートボードに配置したリンク画像を選択し「オリジナル編集」をクリックすると、画像に関連したアプリケーションが自動的に起動し、リンク元の画像を編集することができる。

 透明の分割・統合プリセット 
「透明の分割・統合」のコマンドのカスタム設定を「プリセット」として保存や編集ができる。

 プリントプリセット 
プリント出力のカスタム設定を「プリセット」として保存や編集ができる。

 Adobe PDF プリセット 
PDF形式で保存する際に表示される「Adobe PDF オプション」ダイアログボックスのカスタム設定を「プリセット」として保存や編集ができる。

 SWF プリセット 
Flash形式で書き出す際のカスタム設定を「プリセット」として保存や編集ができる。

 遠近グリッドプリセット 
「遠近グリッド」のコマンドのカスタム設定を「プリセット」として保存や編集ができる。

 カラー設定 
モニターやプリンターなど様々な出力機器を使用するときに、すべての機器で同じ色を再現できるように「ICCプロファイル」を利用した「カラーマネージメント」の設定を行う。

 プロファイルの設定 
ドキュメントごとに使用する「カラープロファイル」を指定する。

 キーボードショートカット 
よく使う「ショートカットキー」の割り当てを自分のわかりやすいように変更する。

 個別の設定 
Illustratorの現在の環境設定をファイルとして保存したり、保存した環境設定したファイルを読み込んだりする。

 環境設定 
Illustratorの各機能の環境設定を行うことができる。アプリケーション全体に関わる操作環境を、自分の使いやすいようにカスタマイズする。

環境設定を開く
一般
選択範囲・アンカー表示
テキスト
単位
ガイド・グリッド
スマートガイド
スライス
ハイフネーション
プラグイン・仮想記憶ディスク
ユーザーインターフェイス
GPUパフォーマンス
ファイル管理・クリックボード
ブラックのアピアランス

 音声入力を開始 
Macのみ項目で、マイクに向かった話した言葉を認識しテキストに変換する。

 

スポンサーリンク


 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA