基本構造【HTML】


Webブラウザで閲覧する Webページを記述するための言語「HTML」で使われている、さまざまな専門用語についてまとめています。

 

 

HTMLの基本構造

HTML文書の骨格はとてもシンプルなもので、<html>、<head>、<body> の3つタグで構成されている。

 

html エイチティーエムエル

文書がHTMLで書かれていることを宣言するもので、DOCTYRE宣言(必ず一番最初に記述)を除いた、文書の最初と最後に記述する。

 

形式<html>~</html>
カテゴリー
コンテンツモデル最初にhead要素
その次にbody要素

 

 

 サンプルソース 

<!DOCTYPE html >
<html>
<head>
</head>
<body>
</body>
</html>

 

HTML文書の中で最上位の親要素。<html>タグとその子要素である<head>タグと<body>タグの組み合わせがHTMLの基本形になる。

 

head ヘッダー

文書タイトル・文字コード・キーワード・説明文・関連ファイルなどの文書の基本情報を記述する。

この要素に記述された内容は、基本的にはWebページの内容としてブラウザで表示されることはない。

 

形式<head>〜</head>
カテゴリー
コンテンツモデルメタデータ・コンテンツ

 

iframe要素の srcdoc属性値に入れられる文書内、もしくは別の手段でタイトル情報が得られる場合は 0個以上のメタデータ・コンテンツ。それ以外の場合は、1個以上のメタデータ・コンテンツ。

 

 サンプルソース 

<!DOCTYPE html >
<html>
<head>
</head>

<body>
</body>
</html>

 

<html>タグの最初の子要素となるタグ。html要素以外の要素はすべて<html>タグの中に書き込むことが基本で、<html>タグの中に直接入れることができる要素は<head>タグと<body>タグのみ。<head>タグ、<body>タグの順に1つずつ入れることが決まりとなっている。

 

body ボディ

実際にブラウザに表示されるWebページのコンテンツを記述する。

 

形式<body>〜</body>
カテゴリーセクショニング・ルート
コンテンツモデルフロー・コンテンツ

 

 

 サンプルソース 

<!DOCTYPE html >
<html>
<head>
</head>
<body>
</body>

</html>

 

<html>タグの子要素となるタグで、<head>タグの後に記述する。

html要素以外の要素は、すべて<html>タグの中に書き込むことが基本で、<html>タグの中に直接入れることができる要素は、<head>タグと<body>タグのみ。<head>タグ、<body>タグの順に1つずつ入れることが決まりとなっている。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

カテゴリーHTML

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA