DOCTYPE宣言【HTML】


さぁ、はじめよう!!

これは、ある日気の向くままに「WEBサイト」を立ち上げてしまった初心者が、Web制作の基本も理解していなければ、この先もあまり覚えそうにないということで、忘れてもいいように少しずつ書き残しているものです。

 

 

 

 

DOCTYPE宣言とは

作成するHTML文書で使用できる要素や属性の名前、要素をどこにどのような順序で配置できるかなどを、HTMLの各バージョンごとに記したものをDTD(Document Type Definition /文書型定義)という。

DOCTYPE宣言とは、使用するHTMLの種類を宣言する部分で、必ずHTML文書の一番はじめに「<!DOCTYPE html>」などを書き記し、どのバージョンのHTML言語で作成されているのかを明示するためのもの。

 

 

バージョン別の記入方法

HTMLのバージョンによって、「DOCTYPE宣言」の記入方法が異なる。

 

HTML5

 

    

<!DOCTYPE html >

 

 

XHTML1.0 Strict

 

    

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd”>

 

 

XHTML1.0 Transitional

 

    

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>

 

 

XHTML1.0 Frameset

 

    

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd”>

 

 

HTML4.01 Strict

 

    

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd”>

 

 

HTML4.01 Transitional

 

    

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>

 

 

HTML4.0 Frameset DTD

 

    

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01Frameset//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd”>

 

 

HTML5のバージョンを宣言する

 

 サンプルソース 

 <!DOCTYPE html> 
<head>
<html lang=”ja”>
<meta charset=”UTF-8″>
<title>HTMLのバージョンを宣言する</title>
</head>
<body>
<p>HTML5を作成しました</p>
</body>
</html>

サンプル画面の確認

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

カテゴリーHTML

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA