梅の花【Illustrator 素材 1】


Adobe llustrator を使って「梅の花」の素材をつくってみたので、その描き方をまとめました。

 

 

SPARK-Aの制作環境

 OS 
Windows 10 (Mac OS Sierra)

 Illustrator バージョン 
Illustrator CC 2017

 

 

 

Are you ready?

 

花弁の描き方

各画像をクリックすると拡大して見ることができます。

 

 スターツールを選択し、アートボード上のどこでもいいので、クリックして「ダイアログボックス」を表示する。

 

 

スターツールがみつからない場合は、「長方形ツール」などに隠れているので、「長方形ツール」などの上で長押しすると、プルダウンされたメニューの中に「スターツール」があるので、それをクリックし選択する。

 

 表示されたスターツールのダイアログボックスの各項目を指定し「OK」ボタンをクリック。

 

 

 

スターツール

第1半径 = 0 ㎜(0 pt)
第2半径 = 10 ㎜(30 pt)
点の数 = 5

 第1半径 
星の中心から尖った先(外接円の半径)までの長さ。

 第2半径 
中心から内側の折り返したところ(内接円の半径)までの長さ。

 点の数 
頂点の数。この点の数が花弁の数になる。

 

③ のオブジェクトが選択した状態で、線パネルの「線幅」と「角の形状」を指定し「OK」ボタンをクリック。

 

 

線パネル

線幅 = 20 ㎜(57 pt)
角の形状 = ラウンド結合

 

 回転ツールを使い、逆さまの花形を反転させる。

 

 

オブジェクト > 変形 > 回転ツール or 右クリック  > 変形  > 回転ツール

 

回転ツール

 表示手順 
オブジェクト > 変形 > 回転ツール
右クリック  > 変形  > 回転ツール

角度 = 180°

 

リフレクトツールを使っても、オブジェクトを反転させることができる。

 

リフレクトツール

 表示手順 
オブジェクト > 変形 > リフレクトツール
右クリック  > 変形  > リフレクトツール

水平 = ⦿(チェック)を入れる

 

 花弁の色を設定する。

 

カラーパネル

塗り=なし
線=紅梅色(#F2A0A1)

 

 

参考色

#F2A0A1

紅梅色
CMYK:0.48.25.0
RGB:242.160.161

#FFFFFF


CMYK:0.0.0.0
RGB:255.255.255

#F5B2B2

ピンク
CMYK:0.40.20.0
RGB:245.178.178

#D93448

唐紅花
CMYK:18.91.65.0
RGB:217.52.72

 

 

 

おしべの描き方

各画像をクリックすると拡大して見ることができます。

 

 「直線ツール」や「ペンツール」を使い、 花の大きさに合わせて、適当な長さの線を描画する。

 

 

ペンツール

線幅 = 0.5 ㎜(1.5 pt)

 

 線パネルの「矢印」と「倍率」の項目をそれぞれ指定する。

 

 

線パネル

矢印の始点 = 矢印21
矢印の終点 = 矢印21
倍率の始点 = 60%
倍率の終点 = 60%

 

③ のパーツを選択した状態で、回転ツールを選択し、項目を指定したあと、「コピー」をクリックして、回転・複製されたパーツが追加される。

 

 

回転ツール

 表示手順 
オブジェクト > 変形 > 回転ツール
右クリック  > 変形  > 回転ツール

角度 = 90°

 

 

 回転ツールを選択し、項目を指定したあと、「コピー」をクリックして、回転・複製されたパーツが追加されるとおしべができる。

 

 

 

回転ツール

 表示手順 
オブジェクト > 変形 > 回転ツール
右クリック  > 変形  > 回転ツール

角度 = 45°

 

 

 

 おしべの色を設定する。

 

カラーパネル

塗り=なし
線=金(#DAB300)

 

 

 

参考色

#C22047

紅色
CMYK:31.97.65.0
RGB:194.32.71

#FFFFFF


CMYK:0.0.0.0
RGB:255.255.255

#DAB300


CMYK:22.32.95.0
RGB:218.179.0

 

 

 

梅の花の描き方

花弁とおしべを重ね合わせて、梅の花を描く。

各画像をクリックすると拡大して見ることができます。

 

 「花弁」と「おしべ」のオブジェクトを選択し、ショートカットキーを押す。

一時的にアウトライン表示することができ、それぞれのパーツの中心がどこか分かりやすくなる。

 

 

ショートカットキー

Windows = Ctfl + Y
Mac = ⌘(command) + Y

 

 「 ポイントにスナップ」にチェック(✓)を入れてから、花弁のオブジェクトの上におしべのオブジェクトを重ね合わせ、中心を合わせて配置する。

 

 

 

表示

 表示手順 
表示 > ポイントにスナップ

ポイントにスナップ = チェック(✓)を入れる

 

③ 「花弁」と「おしべ」のオブジェクトを選択した状態で、再度ショートカットキーを押し、アウトラインを解除すると「梅の花」が完成する。

 

 

 

ショートカットキー

Windows = Ctfl + Y
Mac = ⌘(command) + Y

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA